2012.02.21 ロイズ・アンティークス エゴイスト

東洋風漂うペイントキャビネット

20120221_1 20120221_2

 

フランスからやってきたと推定される淡いグリーンにペイントされた『ペイントキャビンネット』。
重厚感ある扉を開けてみませんか!?

 

20120221_3

 

今回ご紹介するこちらの『ペイントキャビネット』、

およそ110年前(推定)に使われていたのです。

 

20120221_4

 

正面から見てみると、

何やら深く彫刻され凹凸がくっきりと確認できますよ。

 

20120221_5 20120221_6

 

近づいて見てみますと、オーク素材に色々と彫刻が施されています。

本当に職人技の見せ所です。1枚扉の上下の模様はほぼ同じです。

 

20120221_7

 

取っ手はアイアンが細々と付いています。扉の装飾に邪魔にならない程度ですが

こちらもインパクトありますよ。

 

20120221_8

 

そして、真ん中の引っ掛けを回して・・・

 

20120221_9

 

すると、扉を支えている金具が開いてきます。

まるで東洋の雰囲気が漂います。

 

20120221_10

 

中を開けて見ますと、

 

20120221_11

 

奥が広々とした空間。 収納力がとてもあります。

カップボードのようにお皿や食器類、もしくは洋服に本など収納してみてはいかがですか。

 

20120221_12

 

脚の部分は高さがあるので、

遠くから眺めてみてもすっきりと存在感を放ってくれます。

 

20120221_13 20120221_14

 

天板や側面は前面の扉同様、いい具合にペイント部分が掠れています。

とても味わい深い仕上がりです。

 

20120221_15

 

唯一無二の存在感を放っている『ペイントキャビネット』。

ぜひご自宅にいかがでしょうか。


ログイン ショッピングカート 新規会員登録
Privacy Policy Site Map 特定商取引に関する表記 MAIL MAGAZINEお申込み FaceBook twitter Pinterest Instagram
ページトップへ