Lloyd’s Antiques

Journal

ロイズ・アンティークス ウェアハウス 2021.09.29

力強さと威厳と貫禄と。

休み明けにウエアハウスに出勤しましたら、フロア前側の「修復完了」ゾーンに なかなかお目にかかることのない2点の商品がございました。 共通するのは「サイズは大きめ」「マホガニー」「細部まで装飾がきめ細かい」です。 大量の商品が鎮座するウエアハウス内でも、埋もれることがない非常に目立つ存在感です。 今回はその力強さと威厳と貫禄が溢れかえっている2つの商品をご案内致します。 IH009010 Item ID: IH009010 JAMES LAMBミラーバックブックケース DSC_8283 DSC_8284 DSC_8285 DSC_8287 DSC_8286 DSC_8288 サイズは1600x560 高さ1730(mm) 1860年代(推定)の商品です。 上段の棚板は取り外し、高さ調整可能。 経年変化を経たマホガニー材の質感が堂々とした雰囲気を更に強調させています。 もう一つがこちらです。 IH009011 Item ID: IH009011 SHAPLAND&PETTERキャビネット DSC_8274 DSC_8275 DSC_8273 DSC_8276  DSC_8277 DSC_8278 DSC_8279 DSC_8281 サイズは1260x370 高さ1800(mm) 1900年代(推定)の商品です。 中央には膨らみを持たせたガラスを取り付け、前面だけでなく側面にまで装飾が施され(これがなかなか無いのです) それでいて木部のシルエットは細身で品の良さがある 全体の完成度が非常に高い商品です。 どちらの商品も、どの店舗に投入されるかはまだ未定ですが、興味のあるお客様は ひと足お先に10/2、10/3の土日、ウエアハウスにてご覧いただけます。

《ロイズ・アンティークス ウェアハウス》


神奈川県横浜市鶴見区駒岡2-15-32
Tel 045-633-7222
Mail warehouse@lloyds-antiques.com

ロイズ・アンティークス ウェアハウスのアイテムはこちら ロイズ・アンティークス ファクトリーのアイテムはこちら
Tags: