Lloyd’s Antiques

Journal

ロイズ・アンティークス 青山2020.06.29

熟練した技術

チャイナキャビネットは一般的にガラスキャビネットを指し、
チャイナ(CHINA=陶磁器の総称)を収納しディスプレイしていたことから
そのように呼称が定着しました。

デザインは様々で、主にリビングやダイニングで
使われていたためネコ脚や凝ったレリーフなど
装飾性が高いアイテムです。

当時高価であったガラス板を木枠で囲いつくられる
キャビネットは非常に熟練した技術が必要でした。
今でも家具職人をキャビネットメーカーと呼ぶのは
それが所以なのです。


aoyama-20200629-6

aoyama-20200629-10

こちらは1930年代英国でつくられたキャビネット。
ネコ脚ながら当時には珍しくすっきりとしたデザインです。

aoyama-20200629-4

ディスプレイしたものが美しく見えるようにつくられています。

aoyama-20200629-7

aoyama-20200629-8

このようなチャイナキャビネットには珍しく
棚板の高さが自由に変えられる構造。
細かなピッチで高さ調整が可能です。

aoyama-20200629-5

やや明るめのオーク材はクラシックな空間だけでなく
様々なテイストに馴染んでくれるでしょう。


aoyama-20200629-3

すっきりとしたキャビネットには、
凝ったデザインのフロアランプを合わせて。

aoyama-20200629-1

お互いの良さを引き立てます。

aoyama-20200629-15

aoyama-20200629-16

ウォルナットの無垢材を贅沢に用いています。
上質な空間でつかわれていたのでしょう。
美しい装飾が目を惹きます。


aoyama-20200629-1

熟練した技術でつくられた上質なアイテムで、
寛ぎの空間つくりをしてみてはいかがでしょうか。


《ロイズ・アンティークス 青山》
東京都渋谷区神宮前3-1-30
Tel 03-5413-3666
Mail aoyama@lloyds-antiques.com

ロイズ・アンティークス 青山のアイテムはこちら