2012.08.30 ロイズ・アンティークス 青山

どちらのスタイルがお好みですか?

aoyama-20120830_1aoyama-20120830_2

 

このまま9月に入ってしまうととてもではないですか、私の汗腺も干上がってしまいそうな気温です。

今回はイギリスからはるばる青山に入荷してきた、ふたつのクイーンアンスタイルのアイテムをご紹介します!


aoyama-20120830_1

 

まずはこちら、手前に写るダイニング。その奥に写るブックケースも素敵ですが、まずはテーブルからご紹介します。

 

aoyama-20120830_3

 

ゲートレッグタイプのテーブルですが、チェアが4脚ピッタリと収まる珍しい仕様。

 

aoyama-20120830_4

 

天板はウォルナットの杢が綺麗に出ており、枠取りもされた拘った一品。

 

aoyama-20120830_5

 

そして、ゲートレッグの仕様にも関わらず、この脚のすっきりとした作り。通常は天板を支えるためにあと2本追加され6本で支える仕様が一般的なつくりなんです。

 

aoyama-20120830_6

 

4本脚が見事に可動し、さらに天板を支える幕板がなくスッキリとみせるダイニングです。

 

aoyama-20120830_7

 

もちろん折りたたみも可能です!

 

aoyama-20120830_8

 

全てたたむとこんなにもコンパクトに!

 

aoyama-20120830_9

 

この4本の脚が動いて天板を支えています。マホガニーの素材ならではの特徴かもしれません。

 

aoyama-20120830_10

 

そして、ネコ脚には全く関係ありませんが、マホガニーの素材つながりということで、私がとても気になっているこちらのブックケースをご紹介させていただきます!

 

aoyama-20120830_11

 

何がすごいのか、一言でいえば100年以上が経過したマホガニーの素材感。そしてそれらを贅沢に使用したつくりです。

取っ手も極限にまで小さく、オリジナルガラスとマホガニーだけで魅せているとこは思わずウットリしてしまいます。

 

aoyama-20120830_13

 

下部分のカバードも格子のような飾り、そして側板にも施された仕様はさずがです。

 

aoyama-20120830_14

 

そしてなんと棚板の前面にもレリーフが。お見事です!次回は冒頭の右側に写るダイニングをご紹介いたします!


ログイン ショッピングカート 新規会員登録
Privacy Policy Site Map 特定商取引に関する表記 MAIL MAGAZINEお申込み FaceBook twitter Pinterest Instagram
ページトップへ