2018.10.01 ロイズ・アンティークス 神戸

可愛らしい曲線

ビューローは収納や書き物ができ、一台何役もこなす優れもの。
アンティークならではの家具として知られ、アンティーク家具にこれから挑戦したい!という方にもお勧めです。

ビューローには本棚が上に施されたビューローブックケース、両サイドに施されたサイドバイサイドなどもございます。
中でもコンパクトなビューローは場所を選ばず取り入れやすいアイテムです。
今回ご紹介するのは、ロールトップビューロー【TE031073
曲線が可愛らしいフォルムを作り出している一台です。

kobe_20181003-1
蛇腹の扉は木の擦れる音が心地よく、癖になるのは私だけでしょうか…!
金具を使わず木だけを折り合わせてできた扉。
ロールトップだからこそできる曲線です。

kobe_20181003-3
蛇腹を閉めると同時に鍵がかかる仕組みです。
開ける時は鍵を回しながら開けます。

kobe_20181003-5
くぼみに手をかけ天板部分を引き出すと、小さなデスクに早変わりです。
細かな収納が施されていることもビューローならでは。

kobe_20181003-6
小さなペンの収納も外観と同じく、曲線を描き、可愛らしいポイントとなっています。

kobe_20181003-8
こちらはペンの収納だけでなく、引き出すと奥にも収納が隠されています。
ペンのインクやスペアを収納しておくと便利かも知れませんね。

kobe_20181003-7
そして可愛らしいフォルムを適えるのは、この立体的な装飾が施された扉と、脚元まで抜かりないデザイン性です!
明るいライトオークの色味とこの装飾が、カントリー調の家具ともマッチするような可愛らしさ。

kobe_20181003-4
側面から見ても美しいです。

kobe_20181003-9
リビングに書斎に寝室に。収納や書き物もでき、ディスプレイとしても映えるロールトップビューロー。
明るいライトオークの色味が空間を軽やかに、可愛らしく仕上げてくれます。
比較的コンパクトなサイズで取り入れやすいですね。
アンティークをこれから始められる方にも、アンティーク上級者の方にもお勧めの一台です!
その他【神戸の商品】も是非ご覧ください!

kobe_20181003-10


ログイン ショッピングカート 新規会員登録
Privacy Policy Site Map 特定商取引に関する表記 MAIL MAGAZINEお申込み FaceBook twitter Instagram
ページトップへ