2013.04.18 ロイズ・アンティークス 玉川

ロイズの森へようこそ

これからの季節、自然にの中に飛び込んで過ごすのがとても楽しみになりますね!
 
SONY DSC
 
やはり木に囲まれるのは、落ち着くものです。

そんな山奥へ行っていられない!という方は是非ロイズ・アンティークスへ。

形は違いますが、一歩足を踏み入れると沢山の木に囲まれます。
 
4-15VMD0064-15VMD0074-15VMD009


それらは色々なデザイン、色、大きさ、材質の家具。

気になる家具がございましたら、どうぞ座って、触って、扉を開けて…。

木の温もりを存分に楽しんでください。
 
blog4-1706
 
そしてこれら一つひとつの家具には、作り手の拘りがギュッと凝縮されているのです。

例えば、材質一つとっても、様々な種類が…
 
blog4-17007blog4-17013
 
blog4-17004blog4-17008
 
blog4-17014blog4-17015
 
それぞれ木目に特徴があり、見比べて頂くと様々な発見があるかと思います。

更に同じ種類の木でも様々な木目が現れます。

代表的なオーク材を例にすると…
 
blog4-17002blog4-17005
 
ご覧の通り。

木目も木のどこを切るのかで、どのような木目が出てくるのか大きく変わってくるのです。

そしてその木目をどのようにレイアウトするのかで、家具の全体のデザインへ変わっていくのですね。
 
blog4-17003
 
例えばこちらのデスクチェア。
 
blog4-17016
 
blog4-17017blog4-17018
 
濃い木目を使い全体的に力強く、男性的なイメージを感じます。

赤のレザーの雰囲気に負けないフレームですね。

対象的にこちらのバフェはというと…
 
blog4-17019
 
blog4-17020blog4-17021
 
落着いた木目の部分を用いて、大きなフォルムをスッキリと見せています。

木目が落着いている分、装飾も映えますね。柔らかな曲線との相性がとても良く、どこか可愛らしくも見えます。
 
このように作り手がどのような意図で作ったかを想像すると、よりアンティークを楽しんで頂ける事でしょう。是非木目の使い方に注目して家具を見てみて下さいね。

そして店頭で、色々な家具を見比べて、ご自分の好みの材質を見つけてみて下さい。

きっとより愛着をもって家具に接する事が出来ますよ!


ログイン ショッピングカート 新規会員登録
Privacy Policy Site Map 特定商取引に関する表記 MAIL MAGAZINEお申込み FaceBook twitter Pinterest Instagram
ページトップへ