2011.10.03 ロイズ・アンティークス 神戸

不揃いの魅力

先日、ロイズ・アンティークス神戸にあるアイテムが仲間入りしました。

 

kobe_20111003-1それがこちらのアームチェア。
サンドカラーのレザーが素敵なチェアです。

フレームの木も同系色のオーク材で作られていて、

ハードになりがちなレザーアイテムなのに

柔らかさを感じる一品です。

 

ここで個人的におすすめしたいポイントをご紹介します。

 

まずはこのフォルム!!

 

kobe_20111003-2kobe_20111003-3

 

kobe_20111003-4kobe_20111003-5

 

曲線を描いたアーム、背もたれ、座面は体にしっくりと馴染みます。

バックスタイルを見ると、ちょっとお尻が出ているデザインのようで、

なんとも愛らしいです。

 

そしてこのスタッズにご注目!

 

kobe_20111003-6

 

小さくて一見分かりにくいのですが、まばらに打たれているところから、

おそらく手作業で打たれているようです。

不揃いなスタッズが、このアームチェアの魅力をさらに増しています。

作り上げた人の愛情を感じます。

 

アンティーク家具にはキズや修復の跡がつきものですが、

そういったものも、愛情持って家具を使い続けた人の、ハンドメイドに近いのかもしれませんね。

ん??

近々神戸に、そんな魅力たっぷりの家具が入荷する予感が…

気になる方は、是非ロイズ・アンティークス神戸へ!!


ログイン ショッピングカート 新規会員登録
Privacy Policy Site Map 特定商取引に関する表記 MAIL MAGAZINEお申込み FaceBook twitter Pinterest Instagram
ページトップへ