2010.05.05 ロイズ・アンティークス 玉川

ショパンの愛した2台のピアノ

只今GW期間中ロイズ・アンティークス玉川店のある南館6階ではピアノやフルートなど様々な美しい音色が響きわたっています。
5月9日までS・C館内の各ステージにてクラシック音楽&トークが繰り広げられます。
 
リバーサイド・クラシック音楽祭 (1)
 
リバーサイド・クラシック音楽祭 (2)

 
写真のピアノ。なんと19世紀のアンティークピアノなんです。
ショパンが愛した2つのピアノとして、ピアノ演奏者の方々がこのピアノで演奏されます。
一つはプレイエルという1840年製のもの。もう一つはエラールという1890年製のものです。
共にショパンが好んで使用していたピアノで、今回は同じ型の同じ時代のピアノを使用されているそうです。近くでみるととても素敵なピアノで、木の木目や脚の形など見惚れる箇所がたくさんありました。
 
リバーサイド・クラシック音楽祭 (3)
 
演奏中は撮影禁止なのが残念なのですが、毎回満員のお客様が観覧にいらしています。
お時間ございましたら、ぜひこの機会にお越し下さいませ。
きっと素敵な時間を過ごせますよ。
 


ログイン ショッピングカート 新規会員登録
Privacy Policy Site Map 特定商取引に関する表記 MAIL MAGAZINEお申込み FaceBook twitter Pinterest Instagram
ページトップへ