Lloyd’s Antiques

Journal

ロイズ・アンティークス 玉川2019.12.02

Collector’s items-小さなキャビネット-

そこに居るだけで気分が高揚する。そんなスペースをお持ちですか。

例えばこんな風に、自分だけのコレクションを集めたお気に入りのスペース。

tamagawa_20191129-19.jpg

そんな憩いの場所に、つい手を伸ばしたくなるほど素敵な家具を置いて

そんな家具に、自分だけのコレクションを仕舞ったなら

戸を開ける、抽斗を引く、そんな瞬間も特別な時間になるのではないでしょうか。

今回は、小さなスペースに自分の好きを詰め込める、小振りなキャビネットを2点ご紹介。
 
 

まずは滅多に入荷しないコレクターズキャビネット。

tamagawa_20191129-2.jpg

Size: W440 D300 H560

1880年代の英国で作られたアイテム。

マットな仕上がりのマホガニーの質感により

小振りながら重厚感を漂わせています。
 

大切なコレクションは

やはり奥にしまっておきたいもの。

tamagawa_20191129-4.jpg

ガラス越しの抽斗に夢が膨らむ

そんな扉に鍵を差し込むと

tamagawa_20191129-5.jpg

手触りのいい小さな取っ手の付いた

厚みの異なる7段の抽斗が現われます。

そして、抽斗の中を見てみると

tamagawa_20191129-6.jpg

細かなスペースに仕切られた構造となっています。

こちらの仕切りは取り外しが可能です。

tamagawa_20191129-7.jpg

内寸は深さ3cmから7.5cm。

仕切られた1つ1つのスペースは

幅4cm×奥行3cmから幅12cm×奥行6.5cmまで。

tamagawa_20191129-8.jpg

そして各スペースには数字が細かく振られています。

並べ方に悩んだり、増えていく充実感を味わったり。

コレクションの醍醐味を堪能できるアイテムです。
 
 

2つ目は楽譜を収納するミュージックキャビネット。

tamagawa_20191129-9.jpg

Size: W520 D365 H840

こちらもマホガニーの上品な風合いと

デザインの美しさが相まって品格漂うアイテム。

tamagawa_20191129-10.jpg

特に天板はマホガニー自体を堪能していただけます。

tamagawa_20191129-15.jpg

脚先には鉄製のキャスターが付いており

音楽家達が好きな場所で音を奏でるシーンが目に浮かびます。

tamagawa_20191129-11.jpg

脚元の装飾と

tamagawa_20191129-12.jpg

真鍮の取っ手が全体の印象をエレガントに。

tamagawa_20191129-13.jpg

幅39.5cm奥行25cm深さ7cmの5段ある抽斗には

A4サイズがゆとりをもって収納できます。

家具に合わせて楽譜を仕舞ったり、

思い出のアルバムや雑誌を仕舞ったり。
 

仕舞うための家具を決めてからコレクションを始めるのも素敵な大人の楽しみ方かもしれません。

tamagawa_20191129-16.jpg

ぜひ、店頭でご覧ください。

下の商品画像から詳細はご覧いただけます。

《ロイズ・アンティークス 玉川》
東京都世田谷区玉川3-17-1 玉川髙島屋S・C南館6F
Tel 03-5716-2950
Mail tamagawa@lloyds-antiques.com

玉川店の他の商品一覧はこちら