2018.10.31 ロイズ・アンティークス 名古屋松坂屋

背景を知る。家具を楽しむ

例えば 『映画館で実際に使われていたチェア

時代背景のあるアイテムを知ると、すごくわくわくしませんか?

何よりそれを使っていて愛着が沸いて来ると思います。

今回、名古屋スタッフがご紹介するのもその1つ、

『船内で使われていたチェア』 をご紹介していきます。

 

シップアームチェア(TE010001

1890年代(推定)のアンティーク家具。

船の歴史で言うと帆船が多い時代で、蒸気船への移行途中の時代です。

nagoya_20181030-1

気候を読むことが正確でない時代のため、悪天候に遭遇することも多く、

現代より船内が揺れることが多かったみたいです。

こちらのチェアは、脚部分がアイアンで作られており、

見た目の重厚感に劣らずの重量があります。

もちろん一般的な家具も置かれていましたが、

こちらは揺れに対し非常に強かったことでしょう。nagoya_20181030-2

脚先をよく見ると、なんと魚をモチーフとしてあります!

アイアンの経年変化が非常に素晴らしい状態です。nagoya_20181030-3

座面から上部分は無垢のオーク材が使用されています。

大変贅沢に使用しており、ぜひ店頭にてご覧いただきたいポイントです。

また細やかな彫りが施されており、高級感をプラスした仕上りとなっております。nagoya_20181030-4

深みのある赤のレザーシートは取り外しが可能です。

座っていてずれることが無いよう、はめ込み型となっています。nagoya_20181030-5

後ろ姿でも品格が衰えることはありません。

デスクと一緒に使用しても、後ろ向きでも美しさはそのままです。nagoya_20181030-6

 

デスクチェアとしてはもちろん、読書用のパーソナルチェアとしてもいかがでしょうか?

赤の張地は緑と補色の関係にあるため、植物のお近くに佇むだけで意外と調和が取れるんです。

自分だけの空間をよりオシャレに、時代背景のある家具を選んでより素敵に、

お部屋作りを楽しんでみてください。

nagoya_20181030-8

 

店頭商品はこちら


ログイン ショッピングカート 新規会員登録
Privacy Policy Site Map 特定商取引に関する表記 MAIL MAGAZINEお申込み FaceBook twitter Instagram
ページトップへ