只今、青山店で展開中の「Italian Vintage」より、今回は照明のご紹介です。

まずはドロップシャンデリアのテーブルランプタイプ。

aoyama_20170906_4

ロイズ・アンティークスでは、シーリングタイプのものは入荷がありますが、
テーブルランプはほぼ入ってきたことがなく、とてもレアなアイテムです。

aoyama_20170906_14 aoyama_20170906_13

ガラスパーツはすべてクリアで、豪華な雰囲気ですが色味が無いためか
すっきりした印象です。

aoyama_20170906_2

ドロップ部分はなんと6重にもなっており、その重なりよって生まれた陰影、
光の映り込みがとても美しく見えます。

6重のガラスによって光源も直接目に入ることもありません。

aoyama_20170906_3

繊細なフレームと無数のガラスパーツによる影も美しく、本体とともに楽しめます。

aoyama_20170906_1

高さは90cm近くあり、存在感も抜群です。
お部屋の隅に置いても、メインとなってしまうインテリア性の高いアイテムです。

aoyama_20170906_9

こちらは1970年代のシーリングランプ。

aoyama_20170906_16 aoyama_20170906_15

こちらは人気の高いスプートニクランプ。
「スプートニク」とはロシア語で「衛星」という意味。

このデザインを見れば納得です。
宇宙を感じさせるスペーシーな雰囲気です。

aoyama_20170906_6

今回入荷したシーリングランプは、スプートニクランプと良くにていますが
この花のようなガラスパーツがつくことによって、ユニークなシルエットになっています。

aoyama_20170906_8

ガラスにフォーカスしてみると、実はすりガラスになっており光の漏れかたが
柔らかで優しい雰囲気になっています。

ガラス工房が連なる、イタリア・ムラノ島でつくられたガラスパーツが使われています。
小さな欠けなどもありますが、オリジナルならではのたっぷりとした厚み、すりガラスを用いた
デザインを楽しめます。

現代的なデザインの中に、ムラノガラスが生み出す温かみも感じられる逸品です。

このようなコンテンポラリーのデザインのシーリングランプを、あえてクラシックな英国アンティークのある空間に。

aoyama_20170906_12

スタイルをMIXした小気味良い空間が生まれます。

「Italian Vintage」 は空間のスパイスとしても、大変オススメなアイテムです。
ぜひ店頭でもご覧くださいませ。

aoyama_20170906_17

青山のシーリングランプの在庫はこちらから。



《ロイズ・アンティークス青山》
〒150-0001
東京都渋谷区神宮前3-1-30
03-5413-3666
営業時間 11:00~19:00

ロイズ・アンティークス 青山の在庫を見る


ログイン ショッピングカート 新規会員登録
Privacy Policy Site Map 特定商取引に関する表記 MAIL MAGAZINEお申込み FaceBook twitter Instagram
ページトップへ