シノワズリという言葉をご存知でしょうか。
フランス語(chinoiserie)からきているのですが、中国風のデザインのことをシノワズリと呼びます。
中国から特に陶器が多くヨーロッパへ輸入され、西洋とは違う洗練されたつくりとデザインに人気がでました。
特にイギリスは、ヨーロッパNO.1の貿易会社「東インド会社」がありましたのでシノワズリがいち早く取り入れられました。

今日はそんなイギリスのシノワズリのキャビネットをご紹介したいと思います。

20170729ego-01

こちらのディスプレイキャビネットは、1960年代頃のイギリスのお品だと推定されています。
シノワズリがもっとも流行ったのは16世紀中頃から終わりの時期で、ロココ文化と共に人気がでました。
こちらはロココ文化から洗練され、シンプルな美しいシノワズリになっていると思います。

20170729ego-03

マホガニーのつやが本当に綺麗です。
シンプルな四角いシルエットですが、格子のデザインがインパクトを与えてくれています。

20170729ego-04

今回はクラシックなデザインのアイテムを、こちらのキャビネットに合わせました。

まずはシャンデリア。
ガラスパーツが豪華ですが、ピンクのシェードが可愛らしさをだしてくれます。

20170729ego-02

白いペイントが素敵なフレンチセティです。

20170729ego-05

ペイントで目立たないのですが、細かく彫りが入っていて、華奢ですが豪華なお品です。
薄いブルーの座面も爽やかです。
20170729ego-07

20170729ego-08

素敵なアイテムをたくさん揃えてお待ちしております。
ぜひロイズ・アンティークス エゴイストへお越しください。

アクセス
【東急東横線学芸大学】【JR目黒駅】
※駐車スペースございます。

お問合せはこちらまで
TEL:03-3716-3338
MAIL:egoist@lloyds-antiques.com

ロイズ・アンティークス エゴイストの在庫を見る


ログイン ショッピングカート 新規会員登録
Privacy Policy Site Map 特定商取引に関する表記 MAIL MAGAZINEお申込み FaceBook twitter Instagram
ページトップへ