2015.06.01 ロイズ・アンティークス 神戸

ウォッシュスタンドのある生活

アンティークならではの家具、ウォッシュスタンドをご存知ですか?
昔、洗面台として使われていた家具です。
水が溢れても拭き取りやすいよう天板に大理石が使われていたり、
タオルを掛けられるレールがついているのが特徴です。

今回はタイルが美しいウォッシュスタンドをご紹介します。

kobe_20150601-1
大理石、タオルレールはもちろん

kobe_20150601-2
背面にはグリーンのタイルが施されています。

kobe_20150601-3
一枚一枚が砕けたようなデザインになっており、見る角度によって表情が変わります。

kobe_20150601-4
そして最も注目して頂きたいのがこちらの扉の部分。

kobe_20150601-9
ダミーの鍵穴と個性的な取っ手も魅力的ですが、

kobe_20150601-5
左右のステンドグラスの奥にはカーテンのようにファブリックが施されており、
中が見えない仕様になっています。

kobe_20150601-6
小さな出窓のようなデザインが非常に可愛らしいです。

これほどデザイン性のある家具が、昔は洗面台として使われていたというのは驚きです。
ぜひ寝室やリビングで見せる家具としてお使いください。

kobe_20150601-7

ロイズ・アンティークスで現在、お取り扱いのあるウォッシュスタンドはこちら


ログイン ショッピングカート 新規会員登録
Privacy Policy Site Map 特定商取引に関する表記 MAIL MAGAZINEお申込み FaceBook twitter Instagram
ページトップへ