2009.10.19 ロイズ・アンティークス 神戸

普遍的なもの

普遍的なもの今回はこれぞ英国なアンティーク、というアイテムのご紹介です。まず言わずと知れたウィングチェア。こちらは珍しく対であります。光の加減で茶色に見えたりオリーブ色に見えたり、とても味わい深い色合いです。その後ろにどーんと構えるミラーバックサイドボードは迫力満点。細かな彫りやミラー部分のデザインなど、とても凝ったつくり。なかなか日本の住宅事情には難しいサイズかもしれませんが、やはりいいものはいい、と感じさせてくれる逸品です。どんなに時間が経っても変わらず、むしろますますその良さに磨きがかかるところがアンティークの魅力の一つだと思います。


ログイン ショッピングカート 新規会員登録
Privacy Policy Site Map 特定商取引に関する表記 MAIL MAGAZINEお申込み FaceBook twitter Pinterest Instagram
ページトップへ