2007.10.30 ロイズ・アンティークス 青山

「Cutting Edge」EXHIBITION がついに始まりました

design_tide10/29(月)より待ちにまった「Cutting Edge」EXHIBITION がついに始まりました。
青山、外苑前は秋のインテリアがたくさんスタートしています。
ロイズ・アンティークス青山では、昨年に引続きAHIST、Design Tideに参加し新しいロイズを発信しています。
今回は国内外で活躍中のデザインチームLINE-INC.とコラボレートして店内全体で斬新なインテリア空間を演出しています。
外苑前に一際目立つファサードの黒いカーテンを入ると、そこは別世界でおとづれた方を驚かせてくれる事でしょう。
期間限定の特別なテーブルやソファを中心に、珍しいランプを展示。
この世界のどこにもないアヴァンギャルドな空間を体験して下さい。
是非、皆様のご来店をお待ちしております。

Design Tideも中盤になり外国の方を含め多くの方が来店され、いつもと違うロイズの世界に驚かれ、楽しまれています。
外苑西通りに一際目立つ黒い大きなカーテンに包まれています。
中の様子は全くわかりません。

ファサードのカーテンを一歩入るとウィンドウには「Cutting Edge」の文が目に入ってきます。
今回のテーマである「Cutting Edge」は、エッジの利いたものだけを一同に集め、いつもとは違った空間で演出し、新しいロイズを発信する意味を持っています。

入口を入るとまず目に飛び込んでくるのが、直径90cmの大きなグローブです。
一直線に店内奥まで続くガラスのトンネルにはデザインコンシャスな家具が美術館のように並んでいます。

今回のイベントの為に買い付けされた家具やランプはどれもデザインが面白く脚を止めてしまいます。
可愛いものからスタイリッシュなデザインまでいろいろな角度から見る事が出来ます。

黒い家具だけをディスプレイしているこの空間は天井からのスポットの光だけを浴び、絶妙な雰囲気を作り出しています。

店内に心地よく流れる音楽はクラッシック。
まさにギャラリー感覚でアンティークな家具をじっくり見る事が出来ます。

青山店の真ん中にあるライブラリールームも全く違った幻想的な空間へと変わりました。
100個近いエジソン球のあたたかいオレンジの光を見ていると、時を忘れさせてくれる事でしょう。
期間限定な特別な空間を共にしましょう。


ログイン ショッピングカート 新規会員登録
Privacy Policy Site Map 特定商取引に関する表記 MAIL MAGAZINEお申込み FaceBook twitter Pinterest Instagram
ページトップへ