2005.11.28 ロイズ・アンティークス 青山

「男の趣味」インテリア特集

今回の新着コンテナは、男が喜ぶ「インダストリアルアイテム」がいっぱいです。
それは何かというと、鉄と木の組み合わせなどの工場や業務用で使われていた家具やランプなどです。
見た目は「無骨」という表現が適切か分かりませんがなんとも言えない鉄の鈍さと使い込まれた木の味がうまく調和されて、男心を誘うかっこいいものとなっています。
ロイズ・アンティークス青山の在庫を見る»
ショップガイドはこちら»

 

ワーキングデスク
■OZ030116
■w: 810 ×d: 500 ×h: 720
■1920年代 ENG  メタル
■税込¥126,000 (本体¥120,000)
■詳細
今回の特集にピッタリ!実は天板たためるんですよ。
サイズも小ぶりでこんなパソコンデスクならリビングでもOK。

 

アーキテクトチェア
■OZ030119
■w: 450 ×d: 450 ×h: 805
■1940年代 ENG メタル
■税込¥78,750 (本体¥75,000)
■詳細
今回はペア入荷!なんとも雰囲気が軽くなく重くなくってところがいいじゃないですか。
シャープ過ぎない丸座面もなかなかいい感じです。

 

ディスプレイスタンド
■OZ030129
■w: 580 ×d: 430 ×h: 930
■1940年代 ENG メタル
■税込¥157,000(本体¥150,000)
■詳細
アイアンとは思えない緩やかなフォルム。
実はシェルフで、CDや観葉なんでも合いそうなアイテム。これは買いです!

 

メタルテーブル
■OZ047029
■w: 1205 ×d: 705 ×h: 735
■1950年代 FRA メタル
■税込¥157,500 (本体¥150,000)
■詳細
スペシャルサービス!次回入荷のコンテナよりNEW ARRIVAL。
この実物早くみたいのは私だけでしょうか?

ログイン ショッピングカート 新規会員登録
Privacy Policy Site Map 特定商取引に関する表記 MAIL MAGAZINEお申込み FaceBook twitter Pinterest Instagram
ページトップへ