2005.10.24 ロイズ・アンティークス 博多

アンティーク家具のコーディネート

hakata_051025_a材質、色、デザイン、サイズ、etc…、素敵にコーディネートするには考える要素がたくさんありますよね。

でもアンティークはあまり難しく考えなくてもいいようです。木目の濃淡が他のアイテムと結びつき、自然と一体感が出てきますし、
かえって全て揃えてしまうことで「面白さ」「個性」が薄れることもあるようです。

なのでアンティーク家具は意外に合わせやすく取り入れやすいんですよ。

今週の博多はチーク材のデスクにオーク材のどっしりチェアを組み合わせて、格好よく大人な雰囲気に。いかがでしょう?

ロイズ・アンティークス博多の在庫を見る»

ショップガイドはこちら»


キドニーデスク

■OY075093

■w: 1395 ×d: 700 ×h: 735

■1960年代 DEN チーク

■税込¥262,500 (本体¥250,000)

■詳細

定番から外れたキドニー型。最大奥行き70?を感じさせないシャープな造りが意外に使いやすく、
対面タイプなので裏側には2段のブックケースという嬉しい特典付き。

 

オフィスチェア

■OX084025

■w: 580 ×d: 480 ×h:880

■1910年代  ENG ビーチ

■税込¥157,500 (本体¥150,000)

■詳細

チェアは座るだけでなく、置いて眺めたりする方も多いですよね。

部屋に入った時や、階段を上った時などフッと目に留まるたび愛着を感じるチェアが1脚欲しいものです。

 

ネストテーブル

■OY012232

■w: 460 ×d: 380 ×h: 500

■1930年代 ENG オーク

■税込¥78,750 (本体¥75,000)

■詳細

無駄がなく究極にシンプルなデザイン。オーク材の彫刻の入ったものはいくつも見るだけに返ってレアな存在です。

 

フロアランプ

■OX001336

■w: 410 ×d: 410 ×h: 1580

■1930年代 ENG オーク

■税込¥78,750 (本体¥75,000)

■詳細

挽き物タイプが大半なだけに、細身でとても新鮮なデザイン。

中間に施された花模様の細かな彫刻が魅力的です。気取らず自然とお部屋に馴染んでくれますよ。

 


ログイン ショッピングカート 新規会員登録
Privacy Policy Site Map 特定商取引に関する表記 MAIL MAGAZINEお申込み FaceBook twitter Pinterest Instagram
ページトップへ