2005.10.03 ロイズ・アンティークス 博多

Lloyd’s Dining Collection

hakata_051004_a10/8(土)〜10/16(日)でロイズ・アンティークス博多店では「Lloyd’s Dining Collection」を開催いたします。

1880年代〜1960年代までの様々な時代のダイニングがご覧いただけます。
異なった素材や様式でデザインされた歴史ある英国家具を是非ご堪能ください。

期間中にダイニングセットをお求めいただいた方には、ダイニングチェアの無料張替えを行います。(生地代別途)

ロイズ・アンティークス博多の在庫を見る»

ショップガイドはこちら»


ドローリーフテーブル

■OY031442

■w: 910/1520 ×d: 910 ×h: 740

■1930年代 ENG オーク

■税込¥134,400 (本体¥128,000)

■詳細

定番人気アイテム。片羽だけ広げても水平で幅1210?まで広がります。

仕組みがシンプルなので使いやすく、「広げたまま」なんてことにはなりませんよ。

 

ダイニングチェア

■OY051500

■w: 490 ×d: 470 ×h:875/460

■1930年代  ENG オーク

■税込¥34,650 (本体¥33,000)

■詳細

チェアは座面の色、柄で大きく印象が変わりますが、このダイニングチェアは座面がすぐに取り外せ張替えが簡単にできますのでいろいろ楽しめます。

ダイニング周りのファブリックと合わせてコーディネートしてみてはいかがでしょう?

 

ブックケース

■OX044023

■w: 1200 ×d: 300 ×h: 1260

■1920年代 ENG オーク

■税込¥262,500 (本体¥250,000)

■詳細

扉の格子がシノワズリ風のオリエンタルな雰囲気。和室や和食器が似合いそうですね。

英国家具は直線の美しいデザインが多く、日本の家具や部屋にしっくりくるものがたくさんあります。

 

ウォールミラー

■OW001199

■w: 780 ×d: 530 ×h: 35

■1930年代 ENG オーク

■税込¥68,250 (本体¥65,000)

■詳細

ここまでズラリと並べなくとも、絵と同じ感覚で一枚いかがでしょう?

デザインは様々で趣ある木のフレームが全体を引き締めてくれます。

 


ログイン ショッピングカート 新規会員登録
Privacy Policy Site Map 特定商取引に関する表記 MAIL MAGAZINEお申込み FaceBook twitter Pinterest Instagram
ページトップへ