CONTENTS
INFOMATION

「2016 Silver week - Lloyd's Fun Festa - 」のご案内

「2016 Silver week - Lloyd's Fun Festa - 」のご案内 今年もシルバーウィークがやってきます。
ロイズ・アンティークスでは、9/17(土)から9/25(日)までの9日間、皆様に楽しんで頂ける様、各店舗で様々なイベントをご用意しております。
また、期間中毎日、ブログで各店舗の最新情報をお伝えしますので、チェックしてみて下さい。

皆様のご来店、お待ちしております。

日時: 9/17(土)~9/25(日)
場所: ロイズ・アンティークス各店舗
▲トップへ
INFOMATION

「丸山邸 MAISON de MARUYAMA X Lloyd's Antiques」のご案内

「丸山邸 MAISON de MARUYAMA X Lloyd's Antiques」のご案内 9月24日、KETAMARUYAMA 青山本店が、丸山敬太の「現在・過去・未来」を発信する、NEWコンセプトストア「丸山邸 MAISON de MARUYAMA」としてリニューアルOPEN致します。
その中で、丸山敬太氏が一つずつ選んだ1点モノのアンティーク、ヴィンテージ家具を展示、販売します。
丸山敬太氏とロイズ・アンティークスのコラボレーションにより、現代に生まれ変わった独特の世界観あるインテリアを数量限定ではございますが、この機会に是非ご体験ください。

オープン日時:9/24(土)
場所:丸山邸 MAISON de MARUYAMA(KEITA MARUYAMA 青山本店)
▲トップへ
INFOMATION

ロイズ・アンティークス エゴイスト「Contemporary Mix Style」のご案内

ロイズ・アンティークス エゴイスト「Contemporary Mix Style」のご案内インテリアシーズンの秋と共にイタリアンコンテンポラリーとモダンアイテムを合わせた企画を開催いたします。
アートのように独創性あふれるコンテンポラリーアイテムに、どの空間でもすっと馴染む定番のモダンアイテムをセレクトしシルバーウィークの企画と合わせて大きく展開いたします。

2つの企画を合わせて、お得にインテリアのお買い物を楽しんでみてはいかがでしょうか。
皆様のご来店を心よりお待ち申し上げております。

日時:9/17(土)~10/2(日)
場所:ロイズ・アンティークス エゴイスト
▲トップへ
RECOMMEND
本日イギリスから届いたばかりのアイテムから、お勧めのデスクをご紹介します!

ライティングデスク

詳細は画像をClick!
NV020071
W1150 D530 H790
ENG(推定) 1900年代(推定)塗装は現代、修復済み マホガニー
本体価格 ¥225,000
(税込 ¥243,000)

マホガニーの経年変化による色艶、味わいが魅力的なデスク。
天板や引き出し前面に細く入ったインレイ(象嵌)のラインがポイントとなっています。
存在感のある取っ手は、よく見るとライオンの顔がモチーフとなっています。
引き出しもたくさんあり、使いやすさ、デザイン、質感、どれをとってもお勧めの商品です。


デスク

詳細は画像をClick!
NV021142
W1065 D570 H770
ENG(推定) 1900年代(推定)塗装は現代、修復済み マホガニー
本体価格 ¥195,000
(税込 ¥210,600)

とにかく木目の美しさが魅力のデスク
天板、引き出し前面の木目の美しさにご注目ください。
ボウフロントのシェイプがエレガントな雰囲気を醸し出しています。
そこにあるだけで絵になるデスクです。


▲トップへ
NEW ARRIVAL

新着入荷予定商品から、おすすめの商品をご紹介します。

カーブドゲートレッグ[NV031303] カーブドゲートレッグテーブル
NV031303
本体価格 ¥158,000
(税込 ¥170,640 )
ディスプレイキャビネット[NV033073] ディスプレイキャビネット
NV030111
本体価格 ¥250,000
(税込 ¥270,000 )
オケージョンテーブル[NW009047] オケージョンテーブル
NW009047
本体価格 ¥75,000
(税込 ¥81,000 )
ホールチェア[NV030136] ホールチェア
NW009049
本体価格 ¥95,000
(税込 ¥102,600 )
ポットカバード[NW009042] ポットカバード
NW009042
本体価格 ¥105,000
(税込 ¥113,400 )
ドロップリーフティーカート[NW009109] ドロップリーフティーカート
NW009109
本体価格 ¥65,000
(税込 ¥70,200 )
コーヒーテーブル[NW009036] コーヒーテーブル
NW009036
本体価格 ¥85,000
(税込 ¥91,800 )
サザランドテーブル[NW009074] サザランドテーブル
NW009074
本体価格 ¥128,000
(税込 ¥138,240 )

その他の入荷予定商品はこちら
▲トップへ
SHOP INFO

今週のONLINE SHOP:おすすめ新着北欧アイテムのご紹介

おすすめ新着北欧アイテムのご紹介 先月末に北欧から新着コンテナが届きました!
商品の品質チェックが終わり、いよいよ店舗にお目見えしますので皆様お楽しみに!
一足早く倉庫から、一押しのおすすめアイテムをご紹介します。
今まで数多くのタイルトップアイテムを見てきましたが、こんなに繊細な模様はなかなかお目にかかれません。
淡いグリーン色のタイルは、まるで葉脈を描いたようで、思わず見入ってしまいます。
程よい大きさも魅力です。ソファサイドに置いたり、窓際に置いてグリーンを飾っても可愛いですね。

今週の横浜:アールデコを堪能する

アールデコを堪能する 1925年のパリ万博をきっかけに世界に広まったアールデコ。
第一次世界大戦から第二次世界大戦の間に流行した様式である為、「大戦間様式」などとも呼ばれています。
戦争をきっかけに大衆の価値観は大きく変化し、それ以前の装飾的な家具から機能的でシンプルなものが好まれるようになりました。
今日ご紹介するのはこちらの1950年代(推定)イギリスのアールデコテーブル。
オリジナルのスモークグラスの付いた、今の時代には無い大変珍しいデザインの物です。

今週の神戸:クラシック・インテリア

クラシック・インテリア 今回、ご紹介するのはクラシカルな雰囲気を醸し出す商品です。
まずは、クイーンアンチェア(NV011107B)のご紹介です。
様々な部位に美しい曲線を持つクイーンアンチェア。
特徴的なのは脚部、動物の脚をモチーフにデザインされたカブリオールレッグ。
アンティークがお好きな方なら1度は聞いた事があるのではないでしょうか。
背板も曲線美を感じる事の出来る1つの部位です。
背中を預けた際に緩やかなカーブの背板が包み込んでくれます。

今週の博多:ステンドガラスに魅せられて

今週の博多:ステンドガラスに魅せられて 先日、1930年代のアールデコウィンドウが入荷しました。
アンティークならではのステンドガラスの存在感とアールデコのデザインがとても素敵です。
そんなステンドガラスが自宅にあったら・・・・想像してみました。
こんな素敵なダイニングで食事を楽しみたいですね。
メインのダイニングセットはパインのペイントテーブルにイギリスの1930年代のダイニングチェアを合わせました。
一見色の差がありますがチェア座面を生地に張り替え印象を変えてみました。

今週の青山:眩い世界

眩い世界 朝は陽の光を浴びて目を覚まし、夜は揺れるロウソクの灯火を見て心を落ち着かせる。
私たちの生活に欠かす事のできない明かりは、日常に安らぎを演出してくれます。
数あるライティングの中から、今回は4灯のシーリングをご紹介致します!
分厚いガラスの筒が、いくつも集まったような姿のグラスシーリングランプ。
水彩絵の具を画用紙に垂らしたような、優しい光の広がり方をしています。
見上げれば、少し迫力を感じるほどの美しさ。まるで氷柱を眺めているかのよう。

今週のエゴイスト:ロイズ・アンティークス エゴイスト「Contemporary Mix Style」

ロイズ・アンティークス エゴイスト「Contemporary Mix Style」 ロイズアンティークスEGOISTでは9/17(土)~10/2(日)までの期間限定で、インテリアシーズンの秋と共にイタリアンコンテンポラリーとモダンアイテムを合わせた企画を開催いたします。
アートのように独創性あふれるコンテンポラリーアイテムに、どの空間でもすっと馴染む定番のモダンアイテムをセレクトしシルバーウィークの企画と合わせて大きく展開いたします。
今回は一押しコンテンポラリーアイテムのご紹介。

今週の玉川:秋

秋 玉川高島屋S・CではAUTUMN FESTIVAL開催しております。
『草月の秋』と題しまして、草月流によるインスタレーションといけばな作品が展示されております。
そちらの様子がこちら。
形式主体のいけばなに疑問を抱き発生したとされている草月流。
型にとらわれず、自由に活ける人の個性を表現しているとの事ですが・・・。

今週の銀座三越:ロンドン・クロス・カンパニーXロイズ・アンティークス

ロンドン・クロス・カンパニーXロイズ・アンティークス みなさま、LONDON CLOTH COMPANY(ロンドン・クロス・カンパニー)をご存知でしょうか。
かつてイギリス産業革命の礎となっていた羊毛産業は現在では衰退の危機を迎え、小さな紡績工場はどんどんと姿を消しています。
そんな中2011年に誕生したのが、ロンドン・クロス・カンパニー。
現在ではほとんど姿を消した伝統的な機織りでテキスタイル生み出しています。

今週の新宿伊勢丹:アンティークXチェック

アンティークXチェック 本日より、伊勢丹新宿本店では、「ONLY MI」を開催いたしております。
これに伴い、ロイズ・アンティークス新宿伊勢丹では、織物メーカーLONDON CLOTH COMPANYとコラボレートいたしました。
LONDON CLOTH COMPANYは、2011年10月にダニエル・ハリスさんによってロンドンで初めてとなる個人経営の紡績工場として誕生しました。
現在ではほとんど使用されなくなった、1870年頃から1960年代までに製造された旧式の機織り機を用いて、伝統的な機織りを行っているそうです。

今週の日本橋三越:シンプルで便利

シンプルで便利 現代では様々なものが便利になり、至れり尽くせりな世の中。
もし過去にタイムスリップしたら…と考えると色々不便に感じてしまうのでしょうか。
なんて、ふと思ってしまいました。
しかしロイズ・アンティークスの家具を見ていると意外にも便利な家具が沢山あり、当時の人や職人の技術の素晴らしさを知ることが出来ます。
古いからと言って、今現代使いにくいということは決してないんですね。
本日はそんなアイテムをご紹介いたします。 ▲トップへ
COLUMN
シルバーウィークがやってくる! 今週末よりいよいよロイズのシルバーウィーク、「2016 Silver week -Lloyd's Fun Festa- 」が始まります。
様々なサービス、イベントをご用意してお待ちしておりますので、是非遊びにいらしてください。
また、9/16(金)からのスタッフブログでは、スタッフのお部屋大公開!
是非参考にしていただき、インテリアにアンティークをミックスして楽しんでいただければ嬉しいです。
9/22(木祝)の倉庫ツアー参加者も募集中!是非皆様のご参加を楽しみにお待ちしております!
倉庫ツアー参加申し込みフォーム ▲トップへ