CONTENTS
RECOMMEND
読書の秋、本の整理をしてみてはいかがでしょうか。

ブックシェルフ

詳細は画像をClick!
NU001044
W1060 D270 H1100
ENG(推定) 1930年代(推定)修復済み オーク
本体価格 ¥175,000
(税込 ¥189,000)

潔いシンプルさが魅力のブックシェルフ
厚みのある棚板が、重い本もしっかりと支えてくれます。
可動式で棚の位置が変えられますので、本や、飾るものに合わせて高さを設定する事が可能です。
明るい色目のオーク材は、お手持ちの家具とも合わせやすいのではないでしょうか。


ブックケース

詳細は画像をClick!
NV001037
W910 D380 H1008
ENG(推定) 1930年代(推定)修復済み オーク
本体価格 ¥235,000
(税込 ¥253,800)

跳ね上げ式扉のブックケース。
クラシックスタイルではシンプルなデザインが多い中、珍しくしっかりと入った木の実の彫りがポイントとなっています。
下段のみ奥行きと高さがある棚となっていますので、用途によって使い分けが出来ます。
本だけでなく、食器や雑貨のディスプレイにもお使いいただけます。


▲トップへ
NEW ARRIVAL

新着入荷予定商品から、おすすめの商品をご紹介します。
素材の良さや細やかな細工の光るこだわりのアイテム、入荷がレアな人気の高いアイテムを幅広く取り揃えています。

アイアンレッグテーブル[NV030008] アイアンレッグテーブル
NV030008
本体価格 ¥180,000
(税込 ¥194,400 )
ディスプレイキャビネット[NV030073] ディスプレイキャビネット
NV030073
本体価格 ¥228,000
(税込 ¥246,240 )
モザイクトップコーヒーテーブル[NV030037] モザイクトップコーヒーテーブル
NV030037
本体価格 ¥75,000
(税込 ¥81,000 )
ヴィクトリアンキャビネット[NV030081] ヴィクトリアンキャビネット
NV030081
本体価格 ¥185,000
(税込 ¥199,880 )
ウォールミラー[NV030086] ウォールミラー
NV030086
本体価格 ¥55,000
(税込 ¥59,400 )
ウォッシュスタンド[NV031059] ウォッシュスタンド
NV031059
本体価格 ¥205,000
(税込 ¥221,400 )
ライティングテーブル[NV031140] ライティングテーブル
NV031140
本体価格 ¥175,000
(税込 ¥189,000 )
ティーカート[NV039138] ティーカート
NV039138
本体価格 ¥75,000
(税込 ¥81,000 )

その他の入荷予定商品はこちら
▲トップへ
SHOP INFO

今週の神戸:[第二弾] UK VINTAGE STYLE

[第一弾] UK VINTAGE STYLE 8月20日(土)から開催しているUK VINTAGE STYLE。
その中からアンティーク好きなら誰もが聞いたことのあるメーカー、アーコールのドロップリーフテーブルをご紹介致します。
ラウンドでは無く、楕円の形が特徴的です。
板目と柾目、どちらの木目も組み合わされた天板には、柔らかい味わいがあります。
伸長式のテーブルですので、人数や用途によって使い分けが出来ます。
天板を持ち上げ、天板下のレバーを引くと伸張出来ます。

今週の博多:新着商品入荷しました!

今週の博多:新着商品入荷しました! 29日までの岩田屋催事では、多くのお客様にご来店頂きました。
誠にありがとうございました。
その後、博多店には新たな商品が多数入荷しております!
店内の雰囲気もガラッと変わりましたよ。
店頭前方はモダンな明るい家具が見えますが、奥にはスタンダードなクラシックアイテムもご用意しております!

今週の青山:想う時

想う時 今も昔も大切な誰かを想い、手紙をしたためるのは心が安らぐ時間。
素敵な夏の思い出の報告を兼ねて、親しいあの人に気持ちを届けてみてはいかがでしょう。
さて、今回ご紹介するのはダベンポートデスクを中心としたコーディネートです。
写真の通り、小振りで繊細な印象のデスクになっています。
ダベンポートとは、傾斜蓋の天板がついたデスクのスタイルを意味します。
上品なデザインが多いダベンポートデスクですが、こちらも象嵌が素敵な一台です。

今週のエゴイスト:意外な組み合わせ

意外な組み合わせ” 友人のヨーロッパ土産で唐辛子が練りこまれたチョコレートを頂いたことがあります。
今まで試したことのない意外な組み合わせは、すぐに私を虜にさせました。
新しい試みは、刺激的であり魅力的です。ロイズ・アンティークスでは、様々な時代の様々な文化やスタイル入り交じった、「ミックスカルチャースタイル」を提案しております。
クラシック、モダン、コンテンポラリー等の枠に囚われない、進化し続けるインテリアを是非お愉しみくださいね。今回はクラシック×モダンのミックススタイルのご紹介です。

今週の名古屋松坂屋:エンパイヤキャビネット

エンパイヤキャビネット 皆様いかがお過ごしでしょうか。
最近は以前のような暑さも少しずつやわらいで来た様に思えます。
名古屋松坂屋でも秋物を入荷したショップもあり、季節が夏から秋へと変化しているのを感じております。
さて今回ご紹介させて頂くのは、1870年代イギリス(推定)マホガニ材のエンパイヤキャビネットです。
とても繊細なデザインで、魅せる家具とこの事を言うのではないでしょうか。
繊細さもあり、全体では壮大で豪華なデザインとなっております。

今週の玉川:第3弾ダイニングフェアご紹介

第3弾ダイニングフェアご紹介 前回に引き続きダイニングコレクションのご紹介です!!
今回はクラッシックアイテムとモダンアイテムを織り交ぜた、ミックスカルチャースタイルです。
だいぶ雰囲気の変わった店頭ディスプレイ。
入店したときの印象も違います。

今週の日本橋三越:スタッフお勧めアイテム

スタッフお勧めアイテム ロイズ・アンティークス日本橋三越にスタッフお勧めのスリムなアイテムが入荷してきました!
使い勝手は勿論のこと、インテリアとしても抜群です。
ご自宅のお部屋の角がどことなく寂しいな。
ちょっとしたスペースにコレクションの物を飾りたいのだけれど。
という方必見です!
コーナーカップボード。何と言ってもこのスリムなボディが印象的ですよね。

今週の新宿伊勢丹:Stacking

Stacking 台風が近づいているようで、天気の優れない日が続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
台風にも名前があり、今回の台風10号は「Lionrock」という名前だそうです。
さて、本日は家具メーカーの「名前」が表記されたアイテムをご紹介いたします。
スタッキングブックケース。
1910年代、イングランド製(ともに推定)です。
可愛らしい取手を掴んで扉を開けると、扉の内側にメーカー名の表記があります。 ▲トップへ
COLUMN

先日実家に帰省がてら、千葉市美術館へ「河井寛次郎と棟方志功」展を見てきました。
会期はもう終わってしまったのですが、ボリューム満点の展示でとても見ごたえがありました。
繊細さとダイナミックさを合わせ持ったすごい陶芸家です。マーブル模様のような練り込みや、イギリスから渡ってきたスリップウェアの技術など、技術とセンスが卓越している作品群でした。
長年陶芸を続けてマンネリ化していた私の陶芸への情熱に再び火がつけられたようです。

▲トップへ