CONTENTS
INFOMATION

ロイズ・アンティークス エゴイスト「Wall Decoration」のご案内

ロイズ・アンティークス エゴイスト「Wall Decoration」のご案内 お家の壁、使ってますか?

イギリスのホームデコレーションの種類は多岐に渡りますが、その中でも日本人の感覚と違っているのが壁の使い方。
壁のデコレーションの仕方で内装の雰囲気はガラリと変わります。
イギリス人の自由な発想で彩られるWall spaceは実にユニークかつ楽しい!
家具とは違った小さなアイテムを配置していく楽しみを是非体感していただきたいと思っております。

そこで今回ロイズ・アンティークスエゴイストでは、イギリスを代表するTom Eckersleyのヴィンテージポスターをメインに1930年代当時のロンドン交通機関にて使用されていたトランスポートポスターや、古いアンティークフレーム(額)やウォールミラー、ウォールランプなどなど、国や年代を問わず店内ギャラリーに展示し、期間限定にてお届けします。

「壁にも個性と彩りを」をテーマに多くのインテリアシーンで対応できるアイテムをご用意しておりますので、是非お好みの一点を探しにご来店ください。

デコレーションの足し算、引き算は日本の「床の間」を飾る感覚と少し似ているのかもしれません。
難しく考えずに、気軽な気持ちで始めてみましょう!ご相談はお気軽にスタッフまでお声掛けください。
家具のスペックを最大限に活かす”Wall Decoration”、一緒に始めましょう。

※お部屋の飾りたいスペースのお写真をお持ちいただければ、より具体的にご提案いたします。

期間: 7/22(土)~8/6(日)
会場: ロイズ・アンティークス エゴイスト

INFOMATION

ザ・コンランショップ "Hello! old things"のご案内

ザ・コンランショップ  ロイズ・アンティークスは、ザ・コンランショップと7月14日(金)から 8月20日(日)までの期間中、
イギリス・フランスをはじめ、ヨーロッパ各地から集められたヴィンテージアイテムの数々を
ご紹介するイベント「Hello! old things」を開催いたします。

「OLD THINGS=時間の経ったもの」は、古いからこそ価値があり、
それだけで新しいものには表現できない味がある。時の流れとともに変化した素材の表情や、
様々な文化・気候の中で刻まれた時間を経て現在に至る過程を想像し、
そのプロダクトに出会えた一期一会のHello!を楽しむ。

世界各国の多種多様なテイストや、異なる時代、そして素材のアイテムをミックスさせ、
ひとつのスタイルとして提案するザ・コンランショップならではのセレクトとなっています。
ヴィンテージ愛好家はもちろん、気になっているけれどなかなか手を出せずにいる方にもおすすめです。
時を経た家具だけが持つ味わいを、ぜひこの機会にご体験ください。

期間:2017年7月14日(金)~ 8月20日(日)
会場:ザ・コンランショップ 新宿本店・丸の内店・福岡店


INFOMATION
阪急うめだ本店 「丸山邸 in OSAKA」 ロイズ・アンティークスでは、KEITA MARUYAMAのデザイナー、丸山敬太氏が「人、物、こと」を発信するコンセプトストア「丸山邸 MAISON de MARUYAMA」の阪急うめだ本店初出店に伴い、KEITA MARUYAMA × Lloyd’s Antiques のコラボレーション家具を販売します。

ロイズ・アンティークスが買い付けた家具の中から、丸山敬太氏自身がコラボ家具をセレクト。
KEITA MARUYAMAの生地を使用した、まさに世界に一台だけの家具が誕生しました。
丸山敬太氏の世界観と、ロイズ・アンティークスのアンティーク家具とのコラボレーションをお楽しみください。

※期間中、オンラインショップでの販売はございません。
阪急うめだ本店の店頭限定販売となります。ご了承ください。

期間:7月19日(水)~7月25日(火)
場所:阪急うめだ本店 3階コトコトステージ 31

商品情報は現在、一部のみの公開です。随時更新します

▲トップへ
SHOP INFO
8月下旬入荷予定北欧アイテム132点を公開しました! 今週ONLINE SHOPに、8月下旬入荷予定の北欧アイテム132点を公開しました!
お馴染みのタイルトップアイテムやセラミックランプはもちろん、HOLMEGAARDのグラスランプや、ゴールドがアクセントのフロアランプ、ラージサイズのサイドボードや状態の良いレザーソファ等・・・
是非ONLINE SHOPよりチェックしてみて下さい。
阪急梅田本店 「丸山邸 in Osaka」明日よりスタートです この度、ロイズ・アンティークスでは、KEITA MARUYAMAのデザイナー、丸山敬太氏が「人、物、こと」を発信するコンセプトストア「丸山邸 MAISON de MARUYAMA」の阪急うめだ本店初出店に伴い、KEITA MARUYAMA × Lloyd’s Antiques のコラボレーション家具を販売します。
過去にも数回のコラボレーションを重ねたLloyd’s Antiques×KEITA MARUYAMAですが、今回コラボ企画第5弾を迎えました。
今回は「夏の装い」「夏を楽しむ」をコンセプトに挙げ、作り上げられる出張丸山邸。
それに伴い、家具に使用する生地も色鮮やかで、爽やかな目立ちます。
家具との物語 夏になると、冒険に溢れたファンタジーが恋しくなります。
ファンタジー映画の名作「ネバーエンディング・ストーリー」をみなさんはご存知でしょうか。
原作はミヒャエル・エンデ「はてしない物語」というそれはそれは分厚い本なのですが、ここに素敵なフレーズが登場します。
「けれどもこれは別の物語、いつかまた、別の時に話すことにしよう」
何十年も前に作られた家具と触れ合っていると、以前はどこでどんな人に使われていたのか、想像が広がります。
ご自宅の隙間箇所に ロイズアンティークス日本橋三越にまたとびっきり素敵な家具が入荷いたしました。
こちらのディスプレイキャビネットです。
こちらのキャビネットはなんといってもサイズがいいんです。
W600、D340というコンパクトな幅で高さが1685あるので収納力も兼ね揃えています。
ご自宅のすきま箇所に置くことができるのは嬉しいですよね。
中をみてみると、ガラス板が2枚と、1枚木板にガラスがついて外から見たときの地板として入っております。 サイドもガラスになっているので、光がはいるとディスプレイしたものが美しく映えて見えます。
クラシカルに! 7月も後半に入り、まだまだ蒸し暑い今日この頃。
重厚感たっぷりのクラシックアイテムは・・・という方も多いのでは?
そんな今だからこそご紹介したいのはこちら!
W123 D50 H161(cm)のミラーバックサイドボード(NY001075)
なんといってもこの大迫力のミラー!
室内を広く見せる為の工夫として、当時はミラーバックのサイドボードが数多く存在したそうです。
そして計6つの抽斗は大容量で大助かりですね。
メンテナンス完了 ロイズ・アンティークスウェアハウスよりメンテナンス完了のお知らせです。
毎月イギリスよりコンテナが到着しますが、家具と家具の隙間にいつも隠れる様に忍び込んでいるのが シャンデリアやテーブルランプ等の多数のライティングです。
今回は最終検品を行っている照明担当の仕事を少しだけご紹介します。
まずは店舗に出荷する為の通電、漏電の検品。1台ずつ地道に作業を進めます。
続いてパーツの不具合や欠損も確認していきます。
少しの衝撃でパーツが落下したりするので常に緊張しながらの作業です。
最後に美化、仕上げ。細かな装飾部分も丁寧に磨きあげていきます。 ▲トップへ