CONTENTS
INFOMATION

「ロイズ・アンティークス ウェアハウス」OPENのお知らせ

2月から土曜日・日曜日限定で、新たに「ロイズ・アンティークス ウェアハウス」を横浜市鶴見区にオープンいたします。
ロイズ・アンティークス ウェアハウスは、その名の通り、ロイズ・アンティークスにとって初めてのウェアハウス型ショップです。
ヨーロッパ各地からコンテナで月数回入荷するアンティーク・ヴィンテージアイテムを、全国のロイズ・アンティークスのショップに先駆けて横浜市内にてチェックしていただくことができます。
幅広く、圧倒的なボリュームの中からお気に入りのアイテムをお探しになりたい方は、土曜日・日曜日にロイズ・アンティークス ウェアハウスにお越しください。

ロイズ・アンティークス ウェアハウス
〒230-0071
神奈川県横浜市鶴見区駒岡2-15-32
045-633-7222
営業時間 11:00~17:00(土曜・日曜のみ営業)
http://www.lloyds.co.jp/shop/warehouse/

【アクセス】
電車・バス:
東急東横線 綱島駅直結の「バス乗り場 6」にて「川51 川崎駅西口行き」もしくは「13 鶴見駅前行き」に乗車。
約10分後に「一の瀬」で降車後、徒歩2分

車:
駐車スペースあり

ロイズ・アンティークス 玉川 “Dining Collection”のご案内

ロイズ・アンティークス 玉川 “Dining Collection”のご案内 ロイズ・アンティークス玉川では2/16(木)~3/12(日)の期間、”Dining Collection”を開催致します。
新生活に向けて大切な人たちと囲む幸せなダイニングセットを、ロイズ・アンティークス 玉川で揃えてみてはいかがでしょうか。店内ではモダンスタイルやクラシックスタイルの素敵なセットを多様に取り揃え、ご提案致します。

また期間中、10万円以上(税抜き)お買上げのお客様に対し、送料無料サービスも実施しております。(詳しくは店頭スタッフにお問い合わせください)

皆様のご来店を心よりお待ち申し上げております。

期間:2/16(木)~ 3/12(日)
場所:ロイズ・アンティークス 玉川

ロイズ・アンティークス 博多 「Feminine Item Fair」のご案内 ロイズ・アンティークス 博多では、2016年10月に開催して好評を頂きました”Feminine Item Fair”を、2月11日(土)~2月26日(日)まで開催します。

美しい曲線や繊細なデザインが施されているマホガニー材のアイテムを中心に、アンティーク家具でしか見られないアイテムを取り揃えております。
是非ご来店下さい。

期間:2/11(土)~ 2/26(日)
場所:ロイズ・アンティークス 博多

「英國家具のある暮らし」のご案内 ロイズ・アンティークス 神戸では2/15(水)~3/7(火)の期間、
「英國家具のある暮らし」を開催します。

ロイズ・アンティークス神戸は2000年2月にオープンし、今年で18年目。
当初から多くの方々に愛され続けてきた英国クラシック家具を、
神戸ならではのミックススタイルで展開いたします。

特別に厳選した高級感のある格式高いアンティークをはじめ、
幅広く取り揃えております。
是非この機会にご家族、ご友人揃ってご来店くださいませ。
スタッフ一同、心よりお待ちしております。

期間:2/15(水)~3/7(火)
場所:ロイズ・アンティークス 神戸

「張替えキャンペーン」第2弾のご案内 昨年11月より開催した張替えキャンペーンが大好評だったため、第2弾を開催いたします。
過去にロイズ・アンティークスにてダイニングチェアをお買い求めいただいたお客様に、特別価格にて生地の張替えサービスを行います。
定番でご用意している生地4種類に加えて、新たに限定生地をあわせた豊富なラインナップから、お好きなモノをチョイスして張替えいたします。

日々使用する生活の一部として必需品のダイニングチェアですが、経年と共に座面のヘタリや生地の痛みなどがつきものとなります。
修理だけでなく、インテリアのイメージチェンジをご希望される方にもお勧めのキャンペーンです。
この機会に是非ご利用くださいませ。
※生地の詳細についてはスタッフまでお問い合わせください。

期間:1/23(月)~ 2/28(火)
場所:ロイズ・アンティークス エゴイスト
住所:〒152-0003 東京都目黒区碑文谷2-5-15
TEL:03-3716-3338
メールでのお問合せはこちら
▲トップへ
SHOP INFO
6畳スペースでゆとりダイニング 6畳スペースでゆとりダイニングと聞いて、どんなイメージをされましたか?
ロイズ・アンティークス玉川の一番奥の空間は約6畳あります。
お店だとイメージしにくいとおっしゃる方、ぜひ実際にご覧くださいませ。
ゆったりとしたリフェクトリーテーブルを置いて、大きめのブックシェルフがあってもスッキリとした印象です。
テーブル天板から約48cm椅子を後ろに引いても、人が通れる程の余裕があります。
ここに、小さなゆとりが生まれます。
男性でもゆったりと座り、壁との窮屈さを感じさせません。 体と心を整える美しい家具と暮らす 先日、春一番が吹いた神戸。
すぐに寒さが戻ってきましたが、もうすぐ訪れる春を楽しみにしてしまいます。
今回ご紹介するのはこちらのドレッサーです。
古さを感じさせないデザインで、無駄のないシンプルさが魅力。
どのようにディスプレイしても美しく佇まうドレッサーです。
美しい家具で整えた部屋で暮らすと、体と心も美しくなる気がします。
ご自宅に、いかがでしょうか。 Feminineなアイテム ロイズ・アンティークス博多では2月26日までFeminine Item Fair開催中です。
期間中は、女性の心を揺さぶるFeminineなデザインをテーマにキャビネットやテーブル、チェアなどを集めています。
ご紹介するのはこちらのクィーンアンカップボード。
内部はシンプルなつくりになっています。
脚元の曲線美はどの角度から見ても美しく、蝶番のデザインが引き立っています。
どこを見ても妥協のないデザインは当時の家具職人の拘りを感じます。 颯爽と広げてみたい2 ダイニング用として根強い人気を誇る、オーク材のクラシックの伸長式テーブル。
ドローリーフテーブルが多いですが、ロイズ・アンティークス 青山に、異なる伸長の仕方をするテーブルがお目見えしました。
カードテーブルのご紹介に引き続き、拡げられるテーブルをご紹介します。
こちらがおなじみのドローリーフテーブル。
主天板の下から、左右二枚の天板を引き出すことにより、サイズが大きくなります。
リーフを引くことからドローリーフと呼ばれます。
NEW ITEMS 何年も昔の話ですが、中学に進学し、まず最初に教師が放った言葉は、『万物に対してどちて坊やでいてください』でした。
EGOISTのお店には、毎週必ず新しい家具がやってきます。新しい家具を迎え入れる時は、いつも新鮮で、不思議と様々な探究心や疑問が湧き出てきます。
刺激を与えてくれるような素敵な家具が今週も入荷しましたので、今回のブログはそちらのご紹介。
まずは、こちらのベルギーの1940年代頃のマーブルトップネストテーブル。
ブラスの脚がマーブルの天板を際立たせ、より一層の豪華さを演出しています。 シンメトリー 2月もあとわずかになり、まわりも春物が出揃い暖かい日が待ち遠しくなりますね。
まだまだお天気が変わりやすいので、皆様かぜなどひかぬようお気をつけてお過ごし下さい。
さて本日ご紹介するのは、木目が美しいこちら。
綺麗に対称的に配列された化粧板が印象的です。
きっちりと配列された装飾とは反対に、ミラーは面取りされた楕円形に角は滑らかな曲線、脚部はネコ脚と優しくエレガントな雰囲気も持ち合わせています。 日本橋に化石あり 日本橋三越本店の建物には重厚感のある美しい大理石がふんだんに使われており、建物の長い歴史を感じる事ができます。 そしてその中にはなんと化石が・・!!
アンモナイトです。いろいろな場所にアンモナイトの化石があるようなので是非探してみて下さいね。
今日ご紹介するのは新しく入荷したヴィクトリアンキャビネット。 イギリスで使われていたものです。
まず目に飛び込んでくるのが中央のダイナミックな彫り物。
躍動感がある羽根のような美しいデザインです。 春に向けての明るいモダンアイテム 本日は、とても暖かく、関東地方では春一番が吹いたというニュースもありました。
少しずつ春の訪れを感じます。
先日、私は休日を利用して、最近テレビや雑誌等でも話題のバスツアーに参加してまいりました。
いちご狩りや、湯葉すくいの体験等、弾丸ツアーでしたが、天気にも恵まれ、充実した一日となりました。 春になれば、お花見等のイベントもありますが、卒業式や入学式・入社式といった新たな船出もあることでしょう。
▲トップへ