Lloyd's Antiques“This is Lloyd’s Antiques” C is for Craftsmanship Sep. 30. 2021
This is Lloyd's Antiques
 
“This is Lloyd’s Antiques” C is for Craftsmanship
『ARTBOOK “This is Lloyd’s Antiques”』を通し、 ロイズ・アンティークスの世界をお届けします。
テーマは【Craftsmanship】

アンティーク家具に施される卓越した技術
長い年月を経て私達へ継承される伝統
Craftsmanshipに込めた想いをお伝え致します。
CONTENTS 逸品会
北欧展
リモート接客サービス
バーチャルショールーム
逸品会
クラシック、ヴィンテージ、そしてコンテンポラリー。
ロイズ・アンティークスでは幅広い時代の文化を掛け合わせた「ミックスカルチャースタイル」を提案しています。

このたびロイズ・アンティークス博多では、それらカテゴリーの枠を外し、時代背景を生き、後世に引き継がれた珠玉の”逸品”にフォーカスし、展開します。
贅沢な素材、拘り抜いたデザイン。当時ならではの感性に触れる珠玉の”逸品”をお楽しみください。


会期:10月2日(土) - 10月17日(日)
会場:ロイズ・アンティークス 博多
Silver Week 2021 -Lloyd’s Fun Festa-
北欧展
北欧展
ロイズ・アンティークス 青山の「北欧展」を開催します。

太陽が顔を出す昼間の時間が短い北欧では、屋内での暮らしと時間を大切にします。
その分、生活空間を彩るインテリアに対する価値観も非常に高い文化を持っています。
そんな北欧の地から60’sの北欧ヴィンテージが届きました。

世界的に銘木とも呼ばれる現代においては希少なローズウッド材。北欧らしい柔らかな印象を感じさせるチーク材。贅沢な素材を用いた拘りある逸品をご紹介します。

ロイズ・アンティークスがご提案する素敵な北欧の暮らしをお楽しみください。

会期:9月18日(土) - 10月10日(日)
会場:ロイズ・アンティークス 青山
リモート接客サービス
リモート接客でアンティーク家具探しをサポート。
「家にいながらアンティーク家具を見たい」
そんな声にお応えして、ビデオ通話で家具選びを相談できるサービスです。

LINE または Zoom によるリモート接客を行います。
店内の豊富なアイテムから、お客さまのお部屋にぴったりのアイテムやコーディネートまでご案内。
お手持ちのPC・スマートフォンで難しい設定はありません。
音声のみでの対応も可能です。
リモート接客サービス
バーチャルショールーム開設
バーチャルショールーム開設
ロイズ・アンティークスは、店内を体感いただけるバーチャルショールームをオープンしております。

360度パノラマビューによるロイズ・アンティークスの世界観と、その時々のアンティーク家具をお楽しみください。
SHOP INFO
各店舗からのお知らせ
ONLINE SHOP:11月中旬北欧入荷予定商品を公開しました
ONLINE SHOPに北欧(デンマーク)からの11月中旬入荷予定商品を公開しました。 スタイリッシュなデザイナーズ家具に加え、温かみのあるタイルトップテーブルや人気のセラミックテーブルランプ、 ご要望の多いデスクやウォールミラーも入荷致します。 是非ONLINE SHOPよりチェックしてみてください。 ONLINE SHOP:11月中旬北欧入荷予定商品を公開しました
青山:寛ぐ空間に北欧ヴィンテージを。
青山:寛ぐ空間に北欧ヴィンテージを。 現在、ロイズ・アンティークス青山では、「北欧展」を開催しております。 今回は、先日入荷したデイベッドをご紹介いたします。 1980年代、スウェーデン製のデイベッド。
色鮮やかなブルーのモケットで張替えました。
EGOIST:秋風に潤いを
チーク材の魅了をご存知ですか? 世界中から愛されるチーク材には、たくさんの魅力が詰まっています。 材質、木目、色合い。 家具を長く大切に使う風習のあるデンマーク。そのブックシェルフと共にチーク材の魅力をお伝えします。 EGOIST:秋風に潤いを
玉川:Ercol Chest of Drawers
玉川:Ercol Chest of Drawers 1920年、ルシアン・アーコラーニによって設立されたイギリスのERCOL社。 シンプルで質の良いことから家具メーカーとして一躍起き、 チェアを始めとし多くの商品を世に輩出しました。 今回ご紹介するものはこちらのチェスト。 エルム材の個性的な杢目とともにお楽しみください。
博多:Glass×Marble×Leather
博多:Glass×Marble×Leather 今月も、イギリスよりアイテムが入荷しました。 その中でおすすめのアイテムがありましたので ご紹介します。 脚のデザインがユニークで スタイリッシュなアイアンが 高級感のあるブラックマーブルとマッチしています。
センスバイ ロイズ・アンティークス 新宿伊勢丹 :まさに芸術品
掘り込んだ模様に、異なる木材や貝殻等をはめ込む技法であるインレイ。 シンプルなものもたくさんありますが、今回入荷のテーブルには、 かなり細かなデザインが施されています。 センスバイ ロイズ・アンティークス 新宿伊勢丹:まさに芸術品
日本橋三越:もてなしに腰掛けて。
日本橋三越:もてなしに腰掛けて。 もてなしの文化は各国様々。 例えば、フランス式のもてなし「アペリティフ」 「アペリティフに寄って。」と言われた場合、食事は出ません。 食前酒を飲みながらおしゃべり。 サロンチェアに腰掛けながら、交流を深めるのです。
銀座三越:Half Moon Table
ロイズ・アンティークス銀座三越に美しいハーフムーンテーブルが入荷致しました。 コンソールテーブルとしても人気の高いハーフムーンテーブル 角のない丸いフォルムに憧れるけど、置き場所に悩んでしまう、、、 なんて方はハーフムーン型は取り入れやすいのではないのでしょうか。 銀座三越:Half Moon Table
名古屋松坂屋:主役級のアイテムを
名古屋松坂屋:主役級のアイテムを お客様を迎える玄関先は、 家の顔となる場所。 そんな場所にはとっておきのお気に入りを 置きたくなります。 今回ご紹介するのは、ハーフムーンテーブル。
ホールテーブルとして使われることも多いですが、 玄関先だけでなく、リビングや寝室など 場所を問わずインテリアとして使用されるテーブルです。
福岡岩田屋:小さな存在感
18日から開催中のHIGH-GRADE COLLECTIONで盛り上がっている岩田屋ですが 該当商品以外にも小ぶりながらも存在感のある珍しいアイテムが多数入荷しております。 福岡岩田屋:小さな存在感
ウェアハウス:力強さと威厳と貫禄と。
ウェアハウス:力強さと威厳と貫禄と。 休み明けにウエアハウスに出勤しましたら、フロア前側の「修復完了」ゾーンに なかなかお目にかかることのない2点の商品がございました。 共通するのは「サイズは大きめ」「マホガニー」「細部まで装飾がきめ細かい」です。
ファクトリー:家具を支える
家具を支えるものとは何か。物理的に言えばそれは脚ではないでしょうか。大部分の家具にはそれぞれの特徴をもった脚があります。その「脚」たちは古くから職人たちがそれぞれの工夫と技術を駆使し作られ、家具の支えかつ美を担ってきました。 ファクトリー:家具を支える
発行 : 株式会社ロイズ https://www.lloyds.co.jp/
全ての画像・記事について、無断使用・転載を禁止します。 Copyrights©LLOYD'S Co.,Ltd. All Rights Reserved.