Lloyd’s Antiques

Journal

ロイズ・アンティークス 銀座三越 2022.05.17

お部屋のシンボルにオークを

古代ギリシャでは

“母なる樹”と呼び崇拝していた

なんてお話があるオークの樹

 

ギリシャ人はどんな樹よりも早く

オークが地上に生み出されたと

考えていたそうです。

 

そんなオーク材は今も昔も

家具の大事な素材として

愛されています。

-Bureau-

オーク材の温かみを感じる

ライティングビューロー

扉を手前に開けると、

内部には小引き出しがあり、

ライティングまわりを

すっきり整頓することができます。

オーク材から作り出された

アンティーク家具は

長い年月が経っていても

力強い印象があります。

神聖なものとして敬われていたオークは

お部屋のシンボルのような存在感があります。

そんなオーク家具をお部屋に

取り入れてみてはいかがでしょうか。 

 

 

気になられる商品などございましたら、お気軽に下記連絡先よりご連絡下さいませ。
《ロイズ・アンティークス銀座三越》
〒104-8212 東京都中央区銀座4-6-16
銀座三越7階
Tel: 03-3535-9686
Mail: ginza@lloyds-antiques.com