Lloyd’s Antiques

Journal

ロイズ・アンティークス 青山 2021.11.21

Entrance × Classic

今回は、家の顔であり、ファーストインプレッションを決めるシーンである
エントランスホールにフォーカスを当て、クラシックアイテムをご紹介して参ります。

まずはこちらのMAPLE社製のホールスタンド。
Entrance × Classic MAPLE&Coは、19世紀初頭にジョンメープルによって設立され、
イギリスの貴族と王族の家具の主要メーカーとしてビクトリア朝時代、
エドワード朝時代に特に成功を収めた家具メーカーです。

Entrance × Classic こちらのアイテムも艷やかな光沢を放つマホガニーで描かれる
フレームの輪郭は実に上品で、洗練されたプロダクトならではの

格式を感じさせて見事な仕上がりです。
Entrance × Classic Entrance × Classic フックや取っ手のデザインにバランス、真鍮の輝きにも
当時の職人の拘りを望むことができます。
また現代家具ではなかなか見ることのないホールスタンドですが、
とても機能的であることもお勧めする一つです。

Entrance × Classic フックに、ミラーに、スティックスタンドに、収納まで。
非常に実用的な必要性をコンパクトに構成しているの一台なのです。
Entrance × Classic 続いては他のインテリアを引き立て、彩るアイテムのひとつとして
美しいプラントスタンドを。

Entrance × Classic 高さ895mmとすらりとした立ち姿の美しいこちらのプラントスタンド。
天板の縁から支柱、足先まで細やかにデザインされており、
その佇まいはさり気なくも目を引く一台です。
Entrance × Classic 植物やランプを置くにも、こうした高さのあるアイテムの上に
ディスプレイするだけでその見え方は大きく異なったものとなるでしょう。
対面には、ジューズを履く際にも仕様できるチェアを。

Entrance × Classic ローズウッドの杢目が大変美しいチェアを置けば、空間がより優雅なものに。

Entrance × Classic Entrance × Classic バレル型のレザースツールは、お帰りの際に荷物などをおける、ラゲッジラックとして。
時にはお気入りのディプレイ台として活躍する事でしょう。

Entrance × Classic イタリアビンテージのハンガーは、掛けてあるだけで画になります。

Entrance × Classic 使い込まれたペルシャラグが床を彩れば、壁面にはエルテの作品を。

Entrance × Classic Entrance × Classic 独特な世界観を表現する彼の作品は、クラシックアンティークとの相性が素晴らしく、
より空間を引き立ててくれる事でしょう。

Entrance × Classic いかがでしたでしょうか。
『玄関は家の顔』。そう言われるくらいですから、とても大切な場所です。
そして心地良い玄関は、忙しい日々の中でも小さな幸せを感じることができる。
そんな、「暮らし」にとってもまた大切な場所だと思います。
今一度、エントランス空間のコーディネートを楽しんでみてはいかがでしょうか。

Entrance × Classic ロイズ・アンティークス青山では、
バーチャルショールームリモートショッピングなど、
ご来店が難しいお客様にもロイズの世界観をお楽しみいただけるサービスをご用意しております。
お好きな場所でお好きな時に、ぜひご利用ください。

《ロイズ・アンティークス 青山》
東京都渋谷区神宮前3-1-30
Tel 03-5413-3666
Mail aoyama@lloyds-antiques.com

ロイズ・アンティークス 青山のアイテムはこちら

  • MAPLE&COホールスタンド
  • ヴィクトリアンドレッシングチェア
  • プラントスタンド
Tags: