Lloyd’s Antiques

Journal

ロイズ・アンティークス 博多2020.07.01

UNIT CABINET

 

家具そのものがオブジェのように映え、
インテリアの格を上げてくれるユニークなアイテムが入荷しました。

 

TW007018

 
今回は、こちらの1960年代イタリアヴィンテージの
ユニットキャビネットをご紹介します。

 

TW007018-1

 
名前の通り、3つのユニットで構成されたデザインのユニットキャビネット。

 
イタリアらしい、スタイリッシュなブラックペイントがアクセントとなり、
全体を引き締めてくれています。
 

華奢なフレームと収納が宙に浮いたようなデザインが、
W2500とは思えない程の軽快な佇まいを実現しています。

 

TW007018-4

IMG_9941

IMG_9946

 
開き扉や引き出し、オープンなシェルフ部分など、
収納・ディスプレイするものによって使い分けができます。
 

取手は鍵になっており、施錠だけではなく
見た目の美しさにも拘られたデザインです。
 

TW007018-3

 
魅せる収納と隠す収納が備わった実用的なユニットキャビネット。
お部屋の主役アイテムとして、是非取り入れてみてはいかがでしょうか。

 
IMG_9940
 

博多店では、他にも様々なアイテムが入荷しております。
ぜひ、お近くへお越しの際はお気軽にお立ち寄りくださいませ。

 

《ロイズ・アンティークス 博多》
福岡市博多区下川端町3-1 博多リバレインモール1F
Tel 092-263-8630
Mail hakata@lloyds-antiques.com

ロイズ・アンティークス 博多のアイテムはこちら