2019.04.05 ロイズ・アンティークス エゴイスト

軽く華やかなチェア

桜も少しずつ散り始めましたが、皆様お花見は楽しまれましたか?
今日はベランダやお外でも楽しんでいただける、ベントウッドチェアをご紹介いたします。

ベントウッドチェアとは、蒸気で柔らかくした木材を型にはめて形成する、曲木によってつくられるチェアのこと。
切り出しのチェアと違い、軽く美しい曲線が楽しめます。
20190405ego-00

1800年代後半、ベントウッドチェアはオーストリアやチェコ、ハンガリーにて製造されておりましたが、
当時から愛用家はヨーロッパ各地におりました。

ベントウッドチェアをヨーロッパへ広めたのが、1825年に登場したイギリスの商業鉄道です。
イギリスをきっかけに、アメリカやヨーロッパ、インドで瞬く間に鉄道が整備されました。
鉄道ができたことで、ヨーロッパ各地の店頭には「新商品」として他の国の商品が並ぶようになり、
その一つがオーストリアで誕生したベントウッドチェアでした。

20190405ego-01

産業革命によって流行したベントウッドチェアは、当時多くのメーカーでつくられ、デザインや構造もさまざまです。
こちらの2点は「フープ」と呼ばれる丸い背もたれのチェア。
曲木ならではの曲線がよく表れています。
20190405ego-02

座面もそれぞれ違ったエンボス加工が施されております。
20190405ego-03

こちらはバンブーと呼ばれる背もたれ。竹のように節がデザインされています。
左のチェアはスピンドルと呼ばれ、ボビンが連なったようなデザインの背もたれを持っています。
20190405ego-04

同じデザインのチェアでも、当時は曲木の作業もほとんどが手作業。
木材の個性もある為、座面の高さや背もたれの曲がり具合など1点1点違います。
こちらの2点も背もたれの角度が大きく異なります。
20190405ego-05

産業革命によって誕生した、歴史あるチェアをぜひ目黒へ見にいらしてください。
1点1点ゆっくりお試しいただけます。

【EGOISTの商品はこちらから】
【EGOISTのブログはこちらから】
【EGOIST限定アイテムはこちらから】

  • TP000126
    W450 D450 H880
    本体価格 ¥55,000
    (税込 ¥59,400)
  • 《ロイズ・アンティークス EGOIST》
    〒152-0003
    東京都目黒区碑文谷2-5-15
    営業時間 11:00~19:00
    アクセス
    【東急東横線学芸大学駅】【目黒駅】
    ※駐車スペースございます。

    お問合せはこちらまで
    TEL:03-3716-3338
    MAIL:egoist@lloyds-antiques.com


ログイン ショッピングカート 新規会員登録
Privacy Policy Site Map 特定商取引に関する表記 MAIL MAGAZINEお申込み FaceBook twitter Instagram
ページトップへ