Lloyd’s Antiques

Journal

センスバイ ロイズ・アンティークス 新宿伊勢丹2019.02.07

filing furniture

先週は、モダンアイテムの中から変わり種アイテムをご紹介いたしましたが、本日はクラシックアイテムから面白いサイズ感のアイテムをご紹介いたします。

フランス製の年代物(推定)でロールアップ式のファイリングキャビネット

ファイリングキャビネット

横幅46cm、奥行36.5cm、高さ150cmと幅をとらないキャビネット。

当時は書類整理、収納として利用されていたようで、学校や書斎で使用されていたと考えられます。

扉はジャバラ扉なので、狭いスペースでも活用でき、またコンパクトサイズなので、リビングだけでなく玄関や寝室など、場所を選ばず取り入れやすいアイテムです。

ファイリングキャビネット

扉は鍵でロックを解除すると扉が下に下がって開き、扉を最上部まで引き上げることでロックがかかり、閉まる仕組みになっています。

ファイリングキャビネット ファイリングキャビネット

shinjuku_20190207-2 shinjuku_20190207-3

扉を開けると7段の棚板が。

細かく分かれているので雑多なものや書類などを収納するのに便利です。

インテリア性、機能性共にお勧めできるアイテムです。

ぜひ店頭でご覧ください。

 

その他お探しのもがあれば、ロイズ・アンティークス新宿の商品より、こちらをご覧ください。

お近くにお越しの際は、ぜひお立ち寄りください。