年代物家具の醍醐味の一つにレアな家具との”出会い”があります。
他にはない唯一無二の家具が年代物家具ですが、その中でもなかなか見る事のないデザインやつくり、機能を兼ね揃えた家具は、独特の雰囲気を持っていて人々を魅了してくれるものとなります。

ロイズ・アンティークス日本橋三越は10月に日本橋三越のリモデルオープンに伴い、ラインナップを一新。新たなインテリアスタイルをご提案させていただくショップとして生まれ変わりました。

今回のBLOGではそんな珍しいキャビネットをご紹介させていただきます。

nihonbashi20181221-1

一見スタンダードなデザインのキャビネットに見えますが、よく見るとキャビネット扉前面と側面にレザーがあしらわれています。

nihonbashi20181221-7

経年変化が感じられる、味のあるレザーがキャビネットをより良い雰囲気へと引き立てます。
レザーを鋲打ちしていますが、この鋲がデザインのアクセントとなっており、存在感、無骨さを感じさせます。

nihonbashi20181221-4

キャビネット下部には、オーク材という固い木材にきめ細やかな彫刻を施すことで鋲に負けない力強さを表現。

nihonbashi20181221-5

肝心の扉中、ディスプレイスペースは背板にミラーがついており、飾ったものを美しく見せます。

nihonbashi20181221-3 nihonbashi20181221-2

一目みるとキャビネットの持つ世界観に引き込まれます。
希少な家具が持つ独特の雰囲気をぜひ店頭でご体感くださいませ。

皆さまのご来店を心よりお待ちしております。

【日本橋三越在庫はこちら】

  • レザーバウンドディスプレイキャビネット
    TL012017
    W1040 D430 H1750
    本体価格 ¥380,000
    (税込 ¥410,400)

ログイン ショッピングカート 新規会員登録
Privacy Policy Site Map 特定商取引に関する表記 MAIL MAGAZINEお申込み FaceBook twitter Instagram
ページトップへ