艶やかでなめらかな美しいものに対し、「玉のような」という表現があります。
宝石や真珠のように張りがあって美しい。

そんな表現がぴったりなテーブルがEGOISTへ入荷いたしました。

20180302ego-01

丸く作られたローズウッドの天板は、艶がありきめ細かな木目も美しいです。
1950年代イタリアで作られたとは思えないほど、傷もなく天板の状態も非常にきれいです。

20180302ego-02

天板の艶はご覧の通り。
周りが映り込むほどに光っています。まさに玉のように美しいテーブルです。
20180302ego-03

天板を支える1本の脚も同じく、艶のあるローズウッドで作られています。
四角柱は床に向けて細くなるテーパードのスタイルでつくられ、
デザインにも非常にこだわっています。

20180302ego-04

大きな天板の裏には、しっかりと支えるアイアンの支えがついています。
デザインだけでなく、機能面もしっかりと考えられたテーブルです。
20180302ego-09

床と触れる金属の脚の付け根には、装飾が施されています。

20180302ego-05

20180302ego-06

実は脚元の中央は、少し床から浮かせて作られています。
これがあるだけで重たくならず、軽やかな印象を与えてくれます。
しっかりと支えながらも、細やかなデザインが施されています。
20180302ego-07

今回はモダンなチェアとコーディネートいたしました。
すっきりとしたきれいなアイテムですので、
クラシックの重厚感のある椅子と組み合わせても魅力的な空間をつくってくれます。

20180302ego-08


ログイン ショッピングカート 新規会員登録
Privacy Policy Site Map 特定商取引に関する表記 MAIL MAGAZINEお申込み FaceBook twitter Instagram
ページトップへ