2017.09.28 ロイズ・アンティークス 神戸

紳士のたしなみ

本日ご紹介するのはこちらのシェービングスタンド(NN003065)です。

kobe.20170928
シェービングスタンドとはその名の通り、男性が髭を剃る際に使われていた家具です。

この家具が作られた1910年代(推定)、英国では髭を蓄えることが流行していました。
朝に髭を整えることは、昔も今と変わらない一日のスタートの合図だったのでしょう。

マホガニーをふんだんに使用し、全体に象嵌が施されたシェービングスタンド。
その優美さは、まるで女性向けに作られたのかと思うほどです。

kobe.20170928-5
kobe.20170928-6
高さと角度の調節が可能なミラーはユニークな形をしています。

kobe.20170928-1
kobe.20170928-2
経年を感じる金具。アンティーク好きにはたまりません。

kobe.20170928-3
kobe.20170928-4
収納は必要最低限にとどめ、どこまでも格式高く。

kobe.20170928-8
kobe.20170928-9
職人のこだわりは取手にまで及びます。
ゴージャスなデザインですが主張しすぎるわけではなく、
マホガニーの艶や象嵌とうまく調和しています。

kobe.20170928-11
細く、美しい脚。息を飲むような上品な佇まい。
当時の英国に想いを馳せると、目に浮かぶのは落ち着いた所作の紳士。
朝の慌ただしさなど、きっと存在しなかったのでしょう。

kobe.20170928-12
置き場所を選ばないサイズも大きな魅力の1つです。
玄関に置きお出かけ前の最終チェックを。
あるいはリビングで、ミラー付きディスプレイスペースとしてのお使いも素敵ですね。
また、女性の方には小振りなドレッサーとしての使い方も大変おすすめです。

一日の始まりを優雅なものにしてくれるシェービングスタンド。
気になる方は是非、ロイズ・アンティークス神戸へお立ち寄りください。

kobe.20170928-13


ログイン ショッピングカート 新規会員登録
Privacy Policy Site Map 特定商取引に関する表記 MAIL MAGAZINEお申込み FaceBook twitter Instagram
ページトップへ