今も非常に人気の高いG-PLANは、1898年創業のイギリスのE.Gomme社から、1952年に発表されたブランド。

一括りにG-PLANといっても時代とともに、デザインも変わっていきます。

1953年に発表された「Brandon」シリーズ。
かっちりと角がとられた特徴的なフォルムをしています。

aoyama_20170922_2

1950年台後半につくられた「Tola&Black」シリーズ。

aoyama_20170922_6 aoyama_20170922_3

北欧の流れを汲んだ「Danish」シリーズ。
aoyama_20170922_1

1960年代以降主流となった「Fresco」シリーズ。

aoyama_20170922_4 aoyama_20170922_5

今回「Tola&Black」シリーズのサイドボードが入荷しました。

aoyama_20170922_9

「Tola&Black」シリーズは、G-PLANのながでも初期のシリーズ。
ヴィンテージの中でもとても希少で、人気の高いシリーズです。

その特徴は何と言っても、ブラック&ゴールド。

aoyama_20170922_16

部分的に施される黒塗り塗装と、真鍮メッキのコントラストが目を惹きます。

aoyama_20170922_11

少し懐かしいようなレトロな雰囲気もありつつ、辛口なデザインで存在感は抜群です。

サイドボードはもともとは食器棚としてつくられています。
もちろん様々な用途でお使いいただいてOKですが、「Tola&Black」のサイドボードは食器棚として非常の優秀です。

カトラリー用の抽斗は、取り出しやすいように浅く設計されています。
またカトラリーで傷がつかないようフェルトが貼られています。

aoyama_20170922_13

引き戸の収納部には棚板もありお皿やカップがたくさん入りそうです。
底板には少し立ち上がりがあり、お皿を立てて収納することも可能。

aoyama_20170922_22

こちらはガラス棚板が奥半分までしかないので、手前にボトルなどもOK。

aoyama_20170922_14

下部の抽斗には大皿や、キッチンリネン類も入ってしまいます。

aoyama_20170922_15

コンパクトなサイズも人気のひとつ。

aoyama_20170922_18

このサイドボードに入るだけの食器を厳選するというのも一つの手、
たくさん食器をお持ちの方は、いつも使うスタメン入れるというのも良いかと思います。

少し見づらいですが、このゴールドの刻印はG-PLAN最初のロゴです。

aoyama_20170922_17

通称ゴールドスタンプと呼ばれてるようです。

aoyama_20170922_7

時代が経過するとともにロゴも変わり、刻印からシールへと変わっていきます。
刻印からも希少さが感じられます。

涼しくなり、部屋の模様替えをしたくなる季節です。
これぞというアンティークに出会えるかもしれません。
ぜひロイズ・アンティークス青山にお立ち寄りください。

aoyama_20170922_12 aoyama_20170922_20

G-PLANの在庫はこちら

《ロイズ・アンティークス青山》
〒150-0001
東京都渋谷区神宮前3-1-30
03-5413-3666
営業時間 11:00~19:00

ロイズ・アンティークス 青山の在庫を見る

  • G-PLANサイドボード
    TB029028
    W1220 D490 H970
    本体価格 ¥180,000
    (税込 ¥194,400)

ログイン ショッピングカート 新規会員登録
Privacy Policy Site Map 特定商取引に関する表記 MAIL MAGAZINEお申込み FaceBook twitter Instagram
ページトップへ