2017.05.13 ロイズ・アンティークス 玉川

格好良くきめてみよう -パート3-

GWもあっという間に過ぎ去り、休日を楽しく過ごされた方が多い事でしょう。
わたくしもその1人、今年も栃木県の益子町へ陶器市に参戦してきました。

色々な作家さんとお話しながら、お買い物する楽しさは本当に幸せな時間です。
自宅のアンティーク家具と相性がいいか考えながら、今年もいい器をゲットしてきました。

帰りは蒸気機関車SLに乗車して帰宅しながら、改めて昔使われてたモノはいいなと感じおりました。

さて、話は打って変わって前回のシリーズ「格好良くきめてみよう」はパート3と続いておりますが、ご覧頂きましたでしょうか。

今回は、こちらのデスクを中心にコーディネートしてみました。

tamagawa_20170512-01

年代やスタイルを合わせなくても、可愛らしいデスク周りが完成いたしました。

デスクは1910年代(推定)のクラシックですが、ほかのアイテムを1950-60年(推定)を合わせる事で雰囲気が重たすぎない空間に仕上がっています。

tamagawa_20170512-02 tamagawa_20170512-04
北欧のランプ達を集めて、色のある空間をつくるとイメージが変わりますね。

そして、今度はこちらの写真をご覧下さい。

tamagawa_20170512-05

チェアとテーブルランプを変更してみました。

tamagawa_20170512-06

少しアイテムを変更するだけで、また落ち着いた大人な書斎になりますね。
気に入った家具をみつけて、何気にいろいろと組み合わせて楽しむのもいいですよ。

tamagawa_20170512-07

もちろん、その際はスタッフがお手伝いいたしますので、お気軽にお申し付け下さい。

では、また次回をお楽しみ下さい。


ログイン ショッピングカート 新規会員登録
Privacy Policy Site Map 特定商取引に関する表記 MAIL MAGAZINEお申込み FaceBook twitter Instagram
ページトップへ