20161002ego-01
クリストファー・コロンブスがジパング(黄金の国)を目指し航海をしたことは、あまりに有名な話ですが、皆さま黄金色を意味するカタカナ言葉をご存知でしょうか?その答えは、マホガニーなんです!『黄金の木材』なんてとても夢があると思いませんか?今回は夢溢れるマホガニー家具を中心にご紹介致します。

20161002ego-02
こちらは1930年代頃のイギリスのチャイナキャビネット。

20161002ego-03
マホガニーの優雅な木目が大変美しいです。半円のデザインは全体を柔らかな雰囲気に仕立てあげます。

20161002ego-04
まるでいかりのようなセンターに施された模様には、イギリスらしい力強さを感じさせます。

20161002ego-05
ちょこんとした猫脚が曲線の美しさをより引き立て、大変上品なキャビネットです。

20161002ego-06
1960年代頃のデンマークのダイニングチェア。

20161002ego-07
背の部分が高いので、しっかりとお掛け頂けます。背面が直線ではなく、外側に広がった構造なので、長い時間ご使用して頂けますよ。

20161002ego-08
オレンジベージュのオリジナルレザーがなんとも言えないお色味でお洒落。木工はマホガニーなんです!この時代にマホガニーって少し珍しいですよね。

20161002ego-09
座面もたっぷりとあるので、座り心地も抜群です。是非、お試しにいらして下さいね。

20161002ego-010
こちらは1960年代頃のすっきりとしたデザインのドローリーフテーブル。

20161002ego-011
控えめな木目がマホガニーとも相性の良いビーチ天板が、まるで抽象画のように描かれています。

20161002ego-012
ワイドが1150mmから1900mmまで簡単に伸張することができます。

20161002ego-013
実は、このテーブル機能面が大変優れていて高さも変えることができるんです!その際には、このハンドルを廻すだけ。

20161002ego-014
脚のブラス部分が上下し、高さの調整を行えます。機能面とデザイン性を兼ね備えたテーブルになっています。いかがでしたでしょうか?他にもたくさん輝くような素敵な家具が入荷中です。是非、お立寄りくださいね。お待ちしております。

アクセス
【東急東横線学芸大学】【JR目黒駅】
※駐車スペースございます。

お問合せはこちらまで
TEL:03-3716-3338
MAIL:egoist@lloyds-antiques.com

ロイズ・アンティークス エゴイストの在庫を見る


ログイン ショッピングカート 新規会員登録
Privacy Policy Site Map 特定商取引に関する表記 MAIL MAGAZINEお申込み FaceBook twitter Instagram
ページトップへ