2015.09.12 ロイズ・アンティークス 神戸

Which one do you choose…

ロイズでは様々な木材の家具を扱っております。
オーク材、ウォルナット材、マホガニー材…など。
皆様はそれらの家具を一目見て、材質を当てることは出来ますか?
今回のブログで挑戦してみてください。


まず第一問。こちらのドローリーフテーブルの材質は?

kobe_20150912-1

kobe_20150912-2

kobe_20150912-3

正解はオーク材です。虎斑の模様が綺麗に入っています。
ワインの樽に使われるほど硬く、しっかりとした木材。
毎日使うテーブルには丈夫なオーク材がおすすめです。


続いてこちらのコーナーキャビネット。

kobe_20150912-4

kobe_20150912-5
先程とは違う木目です。

kobe_20150912-6

正解はマホガニー材。
楽器や豪華客船の内装など、非常に高貴な場面で使われた高級木材です。
こちらのキャビネットは約60年とまだ日は浅いですが、光沢の美しいマホガニー材です。


続いてこちらのオケージョンテーブル。

kobe_20150912-7

kobe_20150912-8

kobe_20150912-9

こちらもマホガニー材です。
先程のキャビネットよりも倍の年数が経過している推定1880年代のもの。
経年変化でここまで表情が変わるというのは驚きですね。
磨けば磨くほど艶が出る特徴は、どれだけ年月が経っても変わらないようです。


続いてはこちらのアームチェア。

kobe_20150912-10

kobe_20150912-11
非常に明るい色合いです。

kobe_20150912-12

正解はチーク材です。こちらもマホガニー材と並ぶ程の銘木。
耐久性があり狂いが少ない為、家具に使われることが多い木材でもあります。
チーク材と言えばオレンジがかった色に仕上げた家具が多いですが、
こちらのアームチェアはイエローに近い非常に明るい色に仕上げています。
塗装の施し方で印象が変わりますね。


いかがでしたでしょうか。
じっくり観察してみると、同じ家具でもまた表情が変わって見えるかもしれません。
材質にも目を傾け、家具を選んでみてください。


ログイン ショッピングカート 新規会員登録
Privacy Policy Site Map 特定商取引に関する表記 MAIL MAGAZINEお申込み FaceBook twitter Instagram
ページトップへ