Lloyd’s Antiques

Journal

ロイズ・アンティークス エゴイスト2015.04.26

ユーモアさと美しさ

こちらロイズ・アンティークスEGOISTより見上げた本日の空は、雲一つ無い快晴です。
この様に気持ちの良い日には、心がウキウキしてしまいます。

egoist_20150426-1

そして、お天気だけではなく、ロイズ・アンティークスでも皆様にウキウキし、楽しんでいただけますイベントをご用意いたしております。

egoist_20150426-2

『LLOYD’S FUN FESTA』と題し、4/25(土)から5/10(日)まで開催いたしております。
期間中は新しいアイテムが続々入荷致しますので、是非足を運んで頂けたらと思います。

本日は、その入荷したばかりの商品を早速ご紹介させて頂きます。

egoist_20150426-2

こちらは、コーナーキャビネット。
モダンな雰囲気が漂うこちらのキャビネットは、デンマークよりやって来ました。
素材は、ローズウッドで、綺麗な木目が扉全体に現れています。

egoist_20150426-3

扉を開けると、中はこの様になっております。
幅が910、奥行きが625となっております。
また、棚板は高さが調整できますので、様々な収納物に対応できるアイテムです。

egoist_20150426-5

そして、下段にございます引き出しは、大変ユーモアのあるデザインとなっております。
正面に引き出すのではなく、サイドに軸があり扉のように開くタイプとなっております。

egoist_20150426-6

正面の扉や引き出し含め、取っ手や脚部分にも丸みを帯びたデザインとなっており、北欧らしい温かみを感じられるアイテムです。

egoist_20150426-7

お次のアイテムもキャビネットですが、こちらは1910年代(推定)のもので、イギリスより海を渡ってきましたディスプレイキャビネットです。

egoist_20150426-8

棚板はガラスで、キャビネット奥にはミラーが施されています。
またキャビネットの扉、側面もガラスで出来ています。
このようなつくりが、ディスプレイする物を大変綺麗に見せてくれます。

egoist_20150426-9

インレイ(象嵌)という工芸技法が施されていて、非常に美しいです。
インレイとは、ある素材に別の素材を嵌め込まれたデザインのことを示します。

egoist_20150426-10

扉を囲う様に、そして、脚までこのデザインが用いられています。

egoist_20150426-11

脚は、繊細さに溢れています。
この繊細さが、1665と高さのあるキャビネットを美しさ、エレガントさを引き立てます。

皆様は、ユニークのあるインテリア、美しさを醸し出すインテリア、どちらがお好きでしょうか。
他にも、かっこよさ、素朴さ、可愛らしさ等様々なテイストのインテリアもございます。

天気予報によると、今年のゴールデンウィークのお天気は良好のようです。
是非、この大型連休にロイズ・アンティークスEGOISTで、皆様のお好きなテイストのインテリアを見つけてみませんか。

スタッフ一同、心よりお待ちいたしております。

ロイズ・アンティークス エゴイストの在庫を見る