2014.12.08 ロイズ・アンティークス 玉川

クリスマスディナーの提案

クリスマスディナーの提案
北欧ではクリスマスのことをユールといいます。
もとはバイキングの間で行われた冬至のお祭りだったそうで、他のヨーロッパ諸国とは異なり独特の風習があります。
例えば食べ物。昔人々は北欧神話の神々に様々な捧げ物をしました。
その中でも豊穣の神に捧げる猪や豚は神聖な生贄とされており、その名残で豚肉料理を食べるのが一般的なんだとか。
道理でソーセージが沢山あるわけですね。そしてデザートには甘い牛乳粥。おいしそう!
お祝いの日に料理を沢山並べて、家族みんなが集まる食卓は素敵ですね!
今日はそんな日にぴったりのテーブルをご紹介致します。

50年代(推定)のデンマークで使われていたドローリーフテーブルです。

クリスマスディナーの提案 クリスマスディナーの提案

天板の縁の緩やかなカーブは四角いテーブルを柔らかい雰囲気に。
伸長前は天板が二重になっていますが、クラシックのテーブルに比べて軽やかな印象です。

クリスマスディナーの提案 クリスマスディナーの提案

通常で1400mm、伸ばして大人が8人集まれるサイズ2500mmに早変わり!
テーブルクロスを敷いて、キャンドルを灯して、かしこまり過ぎず、でもお洒落に!
今年のクリスマスディナーは家族みんなで北欧のテーブルを囲み、幸せな時間を過ごしてみてはいかがでしょうか?

ロイズ・アンティークス 玉川の在庫を見る


ログイン ショッピングカート 新規会員登録
Privacy Policy Site Map 特定商取引に関する表記 MAIL MAGAZINEお申込み FaceBook twitter Instagram
ページトップへ