2014.07.07 ロイズ・アンティークス 玉川

オムレツを召し上がれ

まず用意するのは卵4個に、有塩バターを20g。これだけです。

暑く熱した鉄のフライパンにバターを溶かしたっぷりあわ立てた卵を注ぎます。
あとは1~2分中火でじっくり焼き上げて、焼き目がついてきたら半分に折って出来上がり。
卵の優しい味のする18世紀から伝わるフランス伝統のオムレツです。

朝食にこのオムレツを食べれば、きっと穏やかな気持ちで1日を始めることができるでしょう。
素材の良さを活かしたシンプルで味わい深い一品。
皆さんも作ってみてはいかがでしょうか。

玉川 オムレツ アンティーク イギリス 家具 チェスト
そしてこの上品なシフォネアも18世紀のフランスのものです。
白いペイントが手の込んだ彫刻の美しさを際立たせています。


玉川 アンティーク 家具 シフォネア 18世紀 オムレツ フランス 二子玉川

味わいのある木の質感、細やかで繊細なデザインの取っ手や、重みのある優雅な佇まいも100年以上前からずっと受け継がれ現代に残ってきました。

玉川 アンティーク 家具 シフォネア 18世紀 オムレツ フランス 二子玉川玉川 アンティーク 家具 シフォネア 18世紀 オムレツ フランス 二子玉川玉川 アンティーク 家具 シフォネア 18世紀 オムレツ フランス 二子玉川



玉川 アンティーク 家具 シフォネア 18世紀 オムレツ フランス 二子玉川玉川 アンティーク 家具 シフォネア 18世紀 オムレツ フランス 二子玉川

18世紀からの伝統を長く受け継ぐシフォネア。

現代に生きる私たちも食べ物やものから形を変えず、大切に守られてきた歴史や文化を感じる事が出来ます。
アンティークならではのこんなエレガントなシフォネア、お部屋に取り入れてみるのはいかがでしょうか。


ログイン ショッピングカート 新規会員登録
Privacy Policy Site Map 特定商取引に関する表記 MAIL MAGAZINEお申込み FaceBook twitter Pinterest Instagram
ページトップへ