2014.03.26 ロイズ・アンティークス エゴイスト

流行のデザイン

桜のつぼみが大きくなってきましたね。
電車から見える江戸川沿いの公園には、少し桜も咲いているようでした。
1週間後には、東京の桜もきっと満開ですね。

今回ご紹介させていただきたいのは、こちらのダイニングチェア。 
 
egoist_20140326-09
 
なんと、座面と背もたれの部分がレザー張りなんです。
1900年代のフランスのチェア。
 

egoist_20140326-01
 
真鍮の鋲が打たれていて、
革の質感とのコントラストがとても魅力的ですよ。
 

egoist_20140326-02
 
この特徴的な、脚元は糸巻きを重ねたようなボビンレッグと呼ばれるデザイン。
ジャコビアン期に流行したそうです。
 

egoist_20140326-03
 
こちらのコーナーにすっぽりはまるチェアは、形がとっても目を惹きませんか。
 

egoist_20140326-04
 
ころころとした丸い形が集まってとてもかわいらしいんです。
 

egoist_20140326-05
 
最後にこちらも、ボビンレッグのサイドテーブル
 

egoist_20140326-06
 
引出しがついていて、デスクにも使えそうですよ。
 

egoist_20140326-07
 
一度流行ったボビンレッグは、定番の人気デザインになったかもしれません。
 

egoist_20140326-08
 
エゴイストの近くも桜並木が素敵ですので、
お花見がてら、お店にもお立寄り下さいませ。


ログイン ショッピングカート 新規会員登録
Privacy Policy Site Map 特定商取引に関する表記 MAIL MAGAZINEお申込み FaceBook twitter Pinterest Instagram
ページトップへ