重厚で美しい木目を持つウォルナット。
日本でいう「クルミ」の木を指します。

滑らかで美しい木目、狂いの少なさ、強度がありながら加工のしやすいウォルナットは
古くから高級木材として、家具はもちろん高級車の内装としても使われてきました。
現在でも高級家具、工芸品として使われています。

ミラーバックサイドボード,ウォルナット

こちらのミラーバックサイドボードもウォルナットを使った家具のひとつ。

赤みがかった明るい茶色が目を惹きます。
こちらの商品もそうですが、木目の美しさを活かした突き板として用いられることが多いのがウォルナット。

ミラーバックサイドボード,ウォルナット

ミラーの両サイドにはこんな木目が。

ミラーバックサイドボード,ウォルナット

玉杢(たまもく)と呼ばれる、渦を重ねたような木目です。
この木目もウォルナットの特徴のひとつです。

ウォルナットを使ったほとんどの家具では、木目が上下、もしくは左右対称になっています。

また、天板の艶のある滑らかな木目もついついうっとりしてしまうくらい綺麗です。

ミラーバックサイドボード,ウォルナット

この美しさや独特な玉杢を是非体感されて下さい。
ご来店心よりお待ちしております。


ログイン ショッピングカート 新規会員登録
Privacy Policy Site Map 特定商取引に関する表記 MAIL MAGAZINEお申込み FaceBook twitter Pinterest Instagram
ページトップへ