ウォッシュスタンド


現在、日本で言われているウォッシュスタンドは、元々「ウォッシュハンドスタンド」と呼ばれていました。

ウォッシュスタンドは15世紀以前からあり、3本以上の支柱によりボウルを支え顔や手を洗うのに使われていたそうです。
形状は、今で言う少し背の高いプラントスタンドといった感じです。

そして、ウォッシュハンドスタンドは19世紀に登場しました。
スプラッシュバックやウォッシュボードと呼ばれるつい立て部分に、耐水性のある大理石が使われました。
後に、大理石部分をガラスやタイルに置き換えたものも作られ、更にスプラッシュバックの上部にミラーを取り付けた豪華なものも作られました。

現在、博多店にございますのは天板が大理石でウォシュボードには鮮やかなグリーンのタイルが施されたタイプです!

ウォッシュスタンド


用途としては、やはり洗顔や歯磨きなどのために使われる水を溜めるジャグやボウルを収納するためのものでしたが、その機能もだんだんと工夫されました。
オフィスや書斎用などでは、外見的にはチェストオブドロワーズやカップボードに似たものが使われ、天板部分を開くとボウルが埋め込まれているなどのエンクローズタイプのものがほとんどだったようです。

大理石やタイルが使われている為とても鮮やかな見た目ですので、玄関に置くとお客様を華やかに出迎えてくれそうですね。
耐水性もありますので、キッチンでお使い頂くこともできます。

ウォッシュスタンド

両側のタオル掛けも重宝しそうです!

もちろん、収納力もバッチリ!

ウォッシュスタンド

素朴なオーク材にぴったりなシンプルな取っ手も素敵です。

ウォッシュスタンド



是非、実際に見にいらっしゃって下さい!
スタッフ一同、心よりお待ちしております。


ログイン ショッピングカート 新規会員登録
Privacy Policy Site Map 特定商取引に関する表記 MAIL MAGAZINEお申込み FaceBook twitter Pinterest Instagram
ページトップへ