2013.10.25 ロイズ・アンティークス 横浜

キリムの魅力。お伝えさせて頂きます!

皆さんはもう横浜店のキリムソファを見て頂けましたか?
一つ一つに個性があるキリムソファ、アフリカ独特の色彩やデザインが目を引きますね!

横浜 アンティーク ソファ

そもそもキリムってなに?と言う方が多いのではないでしょうか。
皆さんによりキリムソファの魅力の知っていただくために今日はキリムについて
詳しくお話していきたいと思います!

キリムの語源はトルコ語で、トルコ・イラン・アフガニスタン・北アフリカの中近東の遊牧民の間で伝統的に織り続けられてきたウールを使った織物のことです。
生活用品、家財道具として敷物以外にも家畜の背にかける布、テントの間仕切り、袋としてなど日常の多くの場面で使われてきました。

今回私たちが取り扱っているソファのキリムは北アフリカ、チュニジアのものです。
チュニジアのキリムにはマグレブ諸国と呼ばれるアルジェリア、モロッコ、チュニジアに跨って暮らす遊牧民、ベルベル民族の思想がデザインに現れており、
自然や人をモチーフにしたものが多いことが特徴だそうです。
ヴィンテージのキリムには一つ一つの模様に異なった意味がこめられています。
横浜店にあるソファを見てみると・・・

横浜 アンティーク ソファ

こちらの縦型ひし形の模様はエジデルハーといわれ、ドラゴン・竜を表しています。
ドラゴンは水と空気をつかさどり、天国に生えている生命の木を守るという言い伝えがあるそうで、豊穣を意味するモチーフとして使われていたそうです。

yokohama_20131025-03yokohama_20131025-04

隣のピンク色の模様は・・・カズアヤーウといい、ガチョウの脚を表しているそうです。
生涯つがいで添い遂げるダチョウの脚は夫婦がすっと仲良くいられますようにという願いが込められているようです。
新婚夫婦のために作られたものなのでしょうか。素敵ですね!

yokohama_20131025-05

全てが長い時間をかけて手で作られており、作り手それぞれの想いが込められたキリムを使ったソファ・・・。こんなものなかなかお目にかかれません!
まだまだ面白い模様の入ったソファが沢山ございますので是非店頭でご覧下さい。

台風にも負けず、横浜店の「世界にひとつだけのソファ展」まだまだ開催中ですので
是非雨の日にも脚をお運び下さいね!お待ちしています!


ログイン ショッピングカート 新規会員登録
Privacy Policy Site Map 特定商取引に関する表記 MAIL MAGAZINEお申込み FaceBook twitter Pinterest Instagram
ページトップへ