2013.08.03 ロイズ・アンティークス 神戸

ユニークな名前

kobe_20130802-1サイドバイサイド。
現代の家具では耳にすることの無いアンティーク家具独特名前の家具ですが、一体どの様な家具なのでしょうか。
今回は、サイドバイサイドの魅力をお伝えします。


kobe_20130802-2サイドバイサイドとは、本来は背の高いビューローブックケースを、女性が使い易いサイズで作成するために、ブックケースの部分がビューローの両脇に付いたことが由来と言われています。


kobe_20130802-3女性の体系にあわせてビューロー部分もコンパクトになっており、使い易いサイズです。


kobe_20130802-4では、現代ではどの様にして使えるのでしょうか。
リビングやプライベートルームに置いて、読書や仕事用のデスクとして使ったり、

kobe_20130802-5ブックケース部分を食器棚として活用し、ビューロー部分をサービング台として使う等、様々な用途で活躍できる家具です!


kobe_20130802-6kobe_20130802-7
現在、店頭にあるサイドバイサイドは形がとても珍しいんです。
両サイドがうさぎの耳のように飛び出し、脚部はオーク材ではなかなか見る事がないボールアンドクロー。
とても素敵な一品です。

是非、この機会に見に来てください!!


ログイン ショッピングカート 新規会員登録
Privacy Policy Site Map 特定商取引に関する表記 MAIL MAGAZINEお申込み FaceBook twitter Pinterest Instagram
ページトップへ