2013.07.04 ロイズ・アンティークス 玉川

HORNSEAとモダンウォールラック

本日はロイズ・アンティークス玉川にある、1960年代頃のモダンなアイテムをご紹介致します。

先日、こんな可愛いアイテムが入荷してきました。

tamagawa_20130703-01

入荷して間もないながら、
「ほとんどの種類を持っています!」というコレクターの方や、
「懐かしい!まだ持っています」というお声を何度かかけられました。

昔から愛されてきたHORNSEAのセラミックジャー。

今日はそんなHORNSEAの魅力をお伝えします。

まずは、こちら。代表的なHEIRLOOM(ヘアルーム)シリーズです。

セラミックジャー

HORNSEAには、いくつかのシリーズに分かれており、その多くがジョン・クラッピソンによってデザインされました。
HEIRLOOMも、そのひとつ。1967年~1987年まで製造されました。

HEIRLOOMは、「家宝」「代々物」の意味があります。

入荷した3点には、SUGAR・FLOUR(小麦粉)・BISCUITと書かれてあります。字体も可愛いですね!
なんと、SUGARのジャーの中は、ほのかに甘い香りがしました・・・!

つづいて。

tamagawa_20130703-03

BRONTE(ブロンテ)シリーズです。
ブラウンとグリーンの色合いが素敵です。
こちらの、グリーン。酸化させた銅を混ぜて発色させたカラーだとか。

BRONTEは、人物名で、小説家のシャーロット・ブランテから名をとったのだそうです。

実は、こちらもほのかにコーヒーの匂いがします。
良い匂いですね、美味しいコーヒーだったのでしょうか・・・。

最後に、こちら。

tamagawa_20130703-04

一番小ぶりのこちらは、
SAFFRON(サフラン)シリーズのもの。

レトロな小花の模様が愛くるしいです。

サフランは香辛料という意味の他に、
「オレンジいろがかった黄色の色合い」というような意味があります。

まさしく、オレンジ・・・よりは薄く、黄色・・・よりはオレンジに近いような。
そんな絶妙な配色です。

丈夫な作りで、ホテルなどでも愛用されていたようです。
「懐かしい!まだ持ってます!」のお声は、この丈夫な作り故のことでしょうか。

大きさ三種類です、是非、その可愛さを目で確かめて下さい!
プランターの代わりに、なんて使い方も可愛いかもしれません。

そしてお次にご紹介したいのは、こちらのローズウッドとクロムのウォールラックです。

ウォールラック

幅740mm、高さ1110mmの大きさで、壁一面使いそうですが、絵を飾るような感覚で、白い壁に良く映えます。

tamagawa_20130703-06

フックが6つ付いています。
引っ掛けるものの高さを考慮して、面は12ですがフックは6つとなっております。

でも、こちらのフック・・・

tamagawa_20130703-07

お好きなところにひっかけていただけます!

tamagawa_20130703-08

上部には、棚もついております。
お気に入りの一品をディスプレイしてください!!

その他、モダンなアイテム多数ご用意しております。

また、あらためてご紹介致します。


ログイン ショッピングカート 新規会員登録
Privacy Policy Site Map 特定商取引に関する表記 MAIL MAGAZINEお申込み FaceBook twitter Pinterest Instagram
ページトップへ