2013.06.28 ロイズ・アンティークス 銀座三越

テディベアは誰のもの?

皆様、テディベアはお好きでしょうか?
現在店頭ではこんな可愛いテディベアが皆様をお出迎えしています。

テディ

ginza_20130628-02

こちらはパイン材で作られたボックスで、上からテディベアが直接ペイントされています。

ginza_20130628-03

ginza_20130628-04

シルクハットを被っているテディはイギリスの紳士を連想させます。
顔の表情や洋服の色使い、エメラルドグリーンの海の色、どれも一つ一つ丁寧に
描かれていて作者のその時の心情や思いが伝わってきます。

中は白くペイントされており、高さ360mmの物まで収納ができます。

ginza_20130628-05

ginza_20130628-06

そもそもテディベアの由来とは、
アメリカのルーズベルト元大統領の「瀕死の熊を撃つのはスポーツマン精神にもとる」
との発言からアメリカのおもちゃメーカーがルーズベルト大統領の通称である
「テディ」と名づけて熊のぬいぐるみを発売したのが始まりだそうです。

子供の愛玩物としてだけではなく、大人の方にもテディベアのファンは多いはず。
何かを語りかけているような目はなんとも愛着が沸いてしまいますよね。

そんなテディベアが沢山描かれたボックス。
見たら思わず「可愛い」と言ってしまいます!

サイズは幅830mm、奥行き450mm、高さ405mmで、お値段は¥157,500(税込み)です。

ぜひ店頭にて実物をご覧下さいませ。

テディベアの虜になること間違いなしです!
ginza_20130628-07


ログイン ショッピングカート 新規会員登録
Privacy Policy Site Map 特定商取引に関する表記 MAIL MAGAZINEお申込み FaceBook twitter Pinterest Instagram
ページトップへ