2013.06.13 ロイズ・アンティークス 玉川

遠くベルギーに思いを馳せて…

14

 

 

先週より、「ロイズ・アンティークス玉川」、「ロイズ・アンティークス EGOIST」で開催されております、フランス、ベルギーのアンティークフェア「Qualities」皆様ご来店されましたでしょうか。
個性的なアンティークが続々入荷しております。
そして時を同じくして今現在もバイヤーがベルギーに買い付けへ行っているのです。

 

 

バイイング真っ只中のベルギーより写真が届きましたのでご紹介。

 

12

 

 

11

 

 

思わず背筋が伸びてしまいそうな厳粛な雰囲気のこちらの建物。

 

…と、思ったら、やはり…。
プレスド・ジャスティスという名のベルギーの最高裁判所だそうです。
建物の中には、木製のベンチを発見!

 

10 15

 

異素材の空間にも驚く程マッチ…。
ロイズも時折ベンチの入荷がございますが、このようなところから来たのでしょうか。
想像するのが楽しいですね。

 

そして買付の合間は、市内の公園でしばし休憩。

 

17

 

 

のんびりした写真ですが、頭の中は買付の事で頭が一杯なのでしょう…。
皆様に素敵な家具をお届けするために、必死に頑張ってくれてます。

 

EGOISTのブログでも、買付の模様が紹介されておりますのでご覧下さい。

 

さて建物の装飾が際立つベルギーでしたが、やはり家具にも同じことが…。
と思ってしまうベンチをご紹介が入荷致しました。

 

blog057

 

 

この存在感、いかがでしょう。ロイズ・アンティークス玉川でも注目度No.1!
推定1900年代の一台です。

 

blog050 blog052

 

blog053 blog056

 

本当に細かな装飾。もはや芸術品の様ですね。脚元、貫に至るまで、作り手の拘りを感じます。
また、横幅780と大変小ぶりなサイズも大きな魅力。
お客様をお迎えする玄関先にピッタリ!その他、廊下、リビングスペースなど様々な場所で大活躍してくれる事でしょう。

 

先程のベンチをイメージして…。

 

blog061

 

 

シンプルな空間ではより映えますね。
大変オススメな一台です。

 

装飾の様々な模様が凝縮されていたベンチですが、こちらの模様も見逃せません。

 

blog039

 

 

同じベルギーでもこちらは一気に時代が進みまして1960年代のテーブル。

 

blog040

 

 

タイルトップテーブルの入荷は定期的にございますが、シックな濃い色を使用した仕上げは意外と少なかったり…。
レースのような模様が大変美しいテーブルです。

 

blog043

 

 

そしてそんなテーブルの前にあるのは、対照的なソファ!

 

blog046

 

 

ファブリックのオリジナルの生地からビビットなビニールレザーに張替えられ、生まれ変わりました。

座り心地は、スプリングが効いていて若干固め。無駄な沈み込みが無い分、ソファでお昼寝…?の際もしっかり身体を支えてくれます。

 

blog044 blog43

 

個性抜群のソファ。どう使うかはお客様次第です!

 

ここまで個性的なベルギーの家具を紹介してきましたが、最後にフランスのテーブルを。
こちらも天板の模様が美しい一台です。

 

blog026

 

 

幾何学的なデザインは天板だけでなく、テーブルの形にも。

 

blog 025

 

 

こちらも中々お目に掛かれないテーブルです。
また美しい天板を、ガッチリと受け止めている脚の部分。

 

blog034 blog035

 

こちらは収納が隠れているのです。
意外と収納力が高かったり…。テーブルに収納スペース。重宝しそうです。

 

さて、先週のブログに引き続き、フランス、ベルギーのアンティークをご紹介させて頂きました。
気になる家具はございましたか?

 

店頭にはこの他にもオススメ家具を多数ご用意しております。

 

梅雨のこの時期。玉川高島屋でのんびりお過ごしの際は、ロイズ・アンティークスも覘いて見て下さいね。
素敵な家具達が、あなたをお待ちしております。

 

blog066


ログイン ショッピングカート 新規会員登録
Privacy Policy Site Map 特定商取引に関する表記 MAIL MAGAZINEお申込み FaceBook twitter Pinterest Instagram
ページトップへ