2013.05.08 ロイズ・アンティークス エゴイスト

彫りに注目 答え編

昨日のブログの答えを発表いたします!!

 

皆様、お分かりになりましたでしょうか?

 

 

4点中2点の答えのヒントはこちらの『INFORMATION』にあります。

 

まず、こちらの彫りが刻まれたアイテムの答えを見ていきましょう。

 

20130508_1.jpg

 

天板をご覧ください。美しい艶が内側から溢れ出ています。

 

ウレタン塗装などの艶とは全く違う、ずっと眺めていたくなるような

 

材木特有の艶感が見るものを惹きつけてやみません。

 

20130508_2.jpg

 

笠木と呼ばれる本体上部の飾りにも

 

規則正しく彫りこまれた装飾が美しく並んでいます。

 

20130508_3.jpg

 

もちろん本体部分にも見事な浅彫りの装飾が刻まれていて、

 

こちらも材木が内側に持っている油分から生まれる艶が前面に見てとれます。

 

20130508_4.jpg

 

ガラスはアンティークガラスのままで、全体の雰囲気が壊れることなく

 

完璧なアイテムとなっております。

 

20130508_5.jpg

 

棚板の前面にも装飾が施されていて

 

奥行きの感じられる仕上がりとなっております。

 

画像で伝わりますでしょうか。

 

底板もかなりの厚みを持った無垢板で出来ております。

 

20130508_6.jpg

 

そんなスペシャルなアイテムは…

 

こちらのブックケースでした。

 

皆さんお分かりでしたか?

 

20130508_7.jpg

 

続いてはこちらの装飾のアイテム。

 

20130508_1.jpg

 

お花のモチーフが可愛らしく並んでいます。

 

先ほどのブックケース同様

 

無垢板ならではの浅彫りの装飾が規則正しく並んでいますね。

 

手彫りで刻まれる装飾にはどことなく温かみが感じられます。

 

20130508_8.jpg

 

天板の角は長年使われていたため

 

優しい丸みを帯びています。

 

20130508_9.jpg

 

脚元もパイナップルレッグと呼ばれる

 

大きな材木を削りだして装飾模様をつける

 

技術が見られます。

 

20130508_10.jpg

 

そんな脚を持つアイテムは…

 

こちらのコーヒーテーブルでした。

 

20130508_11.jpg

 

ここまではINFOMATIONでご紹介した画像の中に

 

写りこんでいましたね。

 

ではでは、こちらの繊細な装飾が刻まれたアイテムは

 

果たしてどんな姿なのでしょう?

 

20130508_1.jpg

 

美しい濃い色合いの材質が見えますね。

 

20130508_12.jpg

 

はじめに見た部分の他にもこんなに細かな

 

彫りの装飾が見られます。

 

どちらも植物をモチーフにしたものですね。

 

20130508_13.jpg

 

天板を見ると、独特の木目がみられます。

 

この美しい木目はウォルナット材ですね。

 

20130508_15.jpg

 

ぐいっと引いてみてみますと…

 

MAPLEエクステンションテーブルでした。

 

MAPLE社は1800年代半ばから発展していった

 

高級キャビネットーメーカーです。

 

多くの王侯貴族や富裕層を含め、その品質の虜となる人々が

 

後を絶たなかった老舗の一つとして、今もその名が残っています。

 

20130508_16.jpg

 

最後はこちらの装飾のアイテム。

 

20130508_1.jpg

 

イギリスアンティーク家具の特徴である

 

チョコレートブラウンの色彩を帯びています。

 

20130508_17.jpg

 

天板にはオーク材特有の虎斑(トラフ)と呼ばれる

 

虎の毛の模様のような木目が出ています。

 

20130508_18.jpg

 

奥の背板部分にもこだわりが感じられる

 

板の張り方が特徴的です。

 

正面から見える部分なので

 

しっかりと作りこまれています。

 

20130508_19.jpg

 

脚元は軽やかなデザインに仕上がっています。

 

脚元がずん胴のタイプではないので

 

全体的に動きのある印象になっています。

 

20130508_20.jpg

 

そんなデザインのこちらのアイテムは…

 

オープンタイプのブックシェルフでした。

 

20130508_21.jpg

 

クイズは楽しんでいただけましたでしょうか。

 

皆様はいくつお分かりになりましたか?

 

一部の装飾にフォーカスしてみると

 

普段なかなか見過ごしてしまっている魅力が

 

再確認できますね。

 

ぜひ店頭で顔を近づけてじっくりとご覧になってみてください。


ログイン ショッピングカート 新規会員登録
Privacy Policy Site Map 特定商取引に関する表記 MAIL MAGAZINEお申込み FaceBook twitter Pinterest Instagram
ページトップへ