2013.05.20 ロイズ・アンティークス エゴイスト

光輝くアンティーク

20130520_1.jpg 20130520_1a.jpg

 

今回は、入荷したての艶やかな家具のご紹介です。
皆様はどちらがお好みですか?

 

20130520_2.jpg

 

今回のINFOMATIONにてご紹介している

 

B&Cオーバルテーブルとドレッシングチェア。

 

両方の魅力をググッと寄り気味でご案内いたします。

 

まずはB&Cオーバルテーブルからご紹介いたしましょう。

 

横幅2440mm 奥行き1135mm とかなりダイナミックなサイズ感。   

 

高さは765mmなのでやや高めのダイニングテーブルといえます。

 

脚の付け根には植物をモチーフにした浅彫りの装飾が入っています。

 

20130520_3.jpg

 

テーブル長手の中央には

 

カトラリーやナプキン、ランチョンマットなど

 

細々したものを収納しておける、便利な引き出しが付いています。

 

なんと鍵付きの収納なので

 

大切なものをしまっておくことも。

 

20130520_4.jpg 20130520_5.jpg

 

引き出し内部には輪ジミが2つ。

 

アンティークならではのご愛嬌部分です。

 

1900年代(推定)のテーブルなので、100年を超えて

 

ここEGOIST店へやってきたということですね。

 

20130520_6.jpg

 

脚と脚の間には

 

3脚椅子を入れられますので

 

ゆったり8人掛けられます。

 

20130520_7.jpg

 

幕板と呼ばれる

 

補強と化粧の意味合いを持つ側面のパーツには

 

縦目に木目を揃えた美しいウォルナット材が見られます。

 

20130520_8.jpg

 

天板にはゴールドの縁で飾られたレザーが張られています。

 

20130520_9.jpg

 

朱色のレザーは張り替えずにオリジナルのまま残しています。

 

年月を経て色味に風格が出ており、全体の格調を高めてくれています。

 

20130520_10.jpg

 

そして一番ご覧いただきたいのが

 

名前の由来となるこちらの

 

玉を掴む獣の脚( ball and claw  ボールアンドクロウ )

 

20130520_16.jpg

 

この様式は見かけることも多いのですが

 

その造りには作成した職人の技術の差がはっきりと現れます。

 

爪の先までしっかりと再現され

 

玉を掴む脚先の筋まで細かに刻まれています。

 

この脚先を見ただけでもウォルナット材の艶感を感じていただけると思います。

 

20130520_1a.jpg

 

裏側は簡略化されていたり

 

3本指であったりするものもありますが

 

こちらはしっかりと4本の指で幸福の象徴ともされる玉を掴んでいます。

 

どの角度から見ても素晴らしい出来栄えですね。

 

20130520_17.jpg

 

 

お次はこちらのドレッシングチェアをご紹介です。

 

20130520_11.jpg

 

張替えられた生地には同系色のパイピングと呼ばれる

 

フェミニンな周り縁が張られています。

 

 

20130520_12.jpg

 

思わず触りたくなるような滑らかな木肌は

 

自らの油分によって艶々と輝いています。

 

20130520_13.jpg

 

クラシックのダイニングチェアと並べてみると

 

柔らかい印象ですね。

 

20130520_14.jpg

 

横幅はだいたい同じくらいですが

 

奥行きがダイニングチェアより深めになっており

 

背もたれも傾斜がかかっているため

 

よりリラックスをするくつろぎの場に適しています。

 

20130520_15.jpg

 

どちらも磨けば磨くほど、使えば使うほど

 

艶感の増すアイテム。

 

少し無骨な印象もある男性的な艶感のウォルナット材。

 

女性のデコルテを思わせるような滑らかな艶感のマホガニー材。

 

ぜひ皆様のお好みで選んでみてください。

 

20130520_18.jpg 20130520_1.jpg

 

しっかり磨きをかけて皆様のお越しをお待ちしております。


ログイン ショッピングカート 新規会員登録
Privacy Policy Site Map 特定商取引に関する表記 MAIL MAGAZINEお申込み FaceBook twitter Pinterest Instagram
ページトップへ