post_293今回はこちらの空間にズームイン。
もうINFOMATIONはご覧いただいておりますでしょうか。

INFOMATIONでお送りしているのは
春らしいペイントアイテムのコーナー。

その中の一角にぐーーーっと寄って家具をご紹介。

そのアイテムとはこちらのERCOLペイントチェア
最近とっても人気のあるERCOL(アーコール)社のチェアですが
中でも珍しいシスルバックのチェア




20130219_2-thumb

 

ペイントは現代ですが
いつものERCOLとは雰囲気が変わって
より爽やかな印象に。

 

20130219_3-thumb

 

こちらのチェアは
横向きの木材に背柱が立っている
櫛(くし)のような形態をしているので
コム(櫛形)バックタイプと呼ばれるものです。

 

20130219_4-thumb

 

座面はおなじみ
曲線が滑らかで美しいだけでなく
すわり心地も計算されているこの形。

 

20130219_5-thumb

 

はじめにこの椅子を
シスルバックと呼びましたが

「シスル」とはあざみの花
皆さんは「あざみ」の花をご覧になったことは
ございますか?

こんなお花です。

 

20130219_a-thumb

 

そしてチェアの背もたれは…

 

 

20130219_6-thumb

 

いかがでしょう?
あざみのモチーフになっているのが
おわかりでしょうか。

 

20130219_7-thumb

 

ちなみに裏側からはこのような仕上がり。

 

20130219_8-thumb

 

初期の頃のデザインで
現在はもちろん廃盤となっているアイテム。
かなりレアなアイテムというだけでなく
ERCOLのチェアの中では
オーク材など骨太な印象のテーブルなどに合わせても
負けない安定感があります。

ERCOLはモダンすぎる…と諦めていた方
ぜひおすすめですよ!


ログイン ショッピングカート 新規会員登録
Privacy Policy Site Map 特定商取引に関する表記 MAIL MAGAZINEお申込み FaceBook twitter Pinterest Instagram
ページトップへ