2012.12.04 ロイズ・アンティークス エゴイスト

バイヤーからのお便り

20121203_1

 

2ヶ月に1回というペースで買付けを行っているロイズですが、今回もバイヤーたちがイギリスへと旅立って行きました。

 

 

そんなバイヤーからお便りが。

ハリーポッターでお馴染みのグロスター大聖堂。

あまりに綺麗だったので撮影して送ってくれたようです。

 

20121203_2

 

今回も素敵なアイテムをたくさん見つけてきてくれることでしょう。

 

さて、そんなバイヤーが見つけてきてくれた

格好良いアイテムがまたまた入荷しております。

 

店舗に運び込まれた瞬間思わず「おぉ」と歓声があがった

アイテム2点をご紹介いたします。

 

 

まずは、只今エントランス正面にディスプレイしております

リフェクトリーテーブル

 

20121203_2a

 

お好みもあるかと思いますが

オーク材の枯れた感じが何ともいえない雰囲気を放っています。

 

20121203_3

 

天板はもちろん、幕板という側面の飾り板も無垢材で

どこから見ても十分な貫禄の持ち主。

 

20121203_4

 

WAXを掛ければ掛けただけ応えてくれる何とも愛らしい一品なのです。

 

20121203_5

 

ベントウッドチェアを合わせただけでも

重厚感溢れる空間に仕上がります。

 

実際にご覧になったら、きっと一瞬で惚れてしまうのでご注意を。

 

 

続いてご紹介するのは

パイン材のドロップリーフテーブル

 

20121203_6

 

天板は長手が157センチ、短手が119センチ。

高さは一般的なダイニングテーブルとしてご使用いただけるサイズです。

 

 

20121203_7

 

パタンとたたむと62センチになり

スッキリコンパクトな印象に。

 

20121203_8

 

こちらも先ほどのリフェクトリーテーブルに負けない程の質感を持っていて

磨くと応える部分は共通しています。

 

20121203_9

 

 

天板の木目の出具合や、脚もとの装飾部の照り感は

ぜひ近くで見て楽しんでください。

 

20121203_10

 

まだまだ素敵なアイテムが船に乗って
皆様の目に触れるのを楽しみに向かっています。

続々入荷のアイテムをお見逃しなく!!

 

どうやらバイヤーからのお便りも

まだ続くようです。

 

20121203_11

 

次はどんなところを撮影してくれるのでしょうか。

楽しみですね。


ログイン ショッピングカート 新規会員登録
Privacy Policy Site Map 特定商取引に関する表記 MAIL MAGAZINEお申込み FaceBook twitter Pinterest Instagram
ページトップへ